40歳までに是が非でも隠居生活をはじめたい理由

スポンサーリンク

僕は40歳までの隠居生活(=セミリタイア)達成を人生の目標…いや、義務だと考えている。

最近では若い人ほど早くリタイアしたいという傾向が強くなってるみたいだ。

若い人ほど早くリタイアしたいと考えている。50代を見ると、所得が高いほど早くリタイアしようとしていて、これは分かる。しかし、若くなるにつれて、退職希望年齢が若くなっている。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2007/17/news045.html

当然だろう!こんな窮屈で居心地悪すぎな前時代的社会になんて居続けなきゃダメなんだよ?

個人の意見だが、新卒から40年以上も社会に閉じこもって働き続けるぐらいなら死んだほうがマシだ。

なんでみんなセミリタイア(もしくは完全リタイア)を目指さないんだろう?とわりと本気で思っている。

まぁ考えは十人十色だから今回は割愛するとして…僕は遅くても40歳までには必ず隠居生活に入りたいと思っている。今回はその理由を書いていこう。

スポンサーリンク

①健康寿命の半分は余生を過ごしたい

日本人の平均寿命は2022年度で女性が87.09歳、男性が81.05歳で、縮小傾向にはあるけど相変わらず世界トップクラスの長寿命だ。

だが健康寿命(自立して生活できる年齢)になると、最新の数値である2019年では女性は75.38歳、男性は72.68歳で平均寿命と大きな開きがある。

※参考記事

2 健康・福祉|令和5年版高齢社会白書(全体版) - 内閣府
高齢社会対策大綱、高齢社会白書、高齢社会対策に関する調査研究、エイジレス・ライフ実践事例、高齢社会フォーラム等の情報を掲載しています。
内閣府 調査

男の健康寿命を72歳として、できればその半分の36歳、最低でも40歳までには隠居生活…という話だ。

現状でも60歳で定年退職するとしても、健康寿命で過ごせるのはわずか10年少々。

ヘタしたら健康寿命でいる間はずっと働き続けて、それを過ぎてからようやくゆっくりできる…と考えたら背筋が凍る。余生もへったくれもないだろう。

それだけはあってはならない。なんとしても健康寿命の半分以上は、自分の好きなように生きなければという危機感がある。

なんか世の中には自分がいつまでも生き続けられるという謎の自信を持ってそうな人を時々見るんだけどなんなんすかね?

自信過剰なのか吞気なだけか、それとも不老不死のカギを握ってたりするのか、もしそうならぜひご教授願いたいよ。

②70歳ぐらいにはもう死んでるかもしれない

なんとなくだけど、僕70代で死にそうな気がするんだよね。

一応状況証拠みたいなのがあって、僕の家系は父方も母方も男は早逝の傾向にあるみたいだ。

父方の祖父は70ぐらいでガンで亡くなったし、母方の祖父に至っては僕が生まれる前に50代の若さで亡くなっている。つまり僕も平均寿命より前に早死にする可能性が高いわけだ。

病気にならなくても70歳ぐらいであっさり老衰で死んでるかもしれない。(むしろ大往生?)

人生100年時代とか長生きリスクとか世間では言われているけど、正直そんなに生きられる気は全くしない。むしろそんなに長生きしてもなぁ…と感じるし自立して自由に生きれなくなったらそこまでの人生かなとも感じている。

誰かの手を借りて”生きさせられている”というのがなんとも不自然だし、気持ち悪いなと思ってしまう。

寿命の長短よりも自分の自由な時間の長短を意識したい。

まだセミリタイアも達成していない僕が偉そうには言えないけど、他のセミリタイアブログを見てもリタイアしたこと自体を後悔している人はあんま見たことがない。

それどころか「もっと早くリタイアしてもよかった」という感想が大半を占めていたのが印象的だ。

健康寿命の半分である36歳を境にセミリタイア!

一つの基準になりそうですが、どうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました