セミリタイアして特別何か手に入れたいものはないんだよなぁ

スポンサーリンク

将来セミリタイアというか余生に入ってからの生活を時折考える。

そもそも余生を送ってからどうしたいか?漠然と思い浮かべてはみるんだけど、特段これといったものはなかったりするんだよね。

たまたま見つけたツイートにこんなことが書かれてあって、

わかりみが深すぎてヤバい。ホント、30代に入っていよいよ身に沁みてきたんだが、幸せに生きる為には穏やかで豊かな毎日があればそれ以外何もいらないんだよな。

僕自身、新卒から勤めていた会社で消耗しきっていたときは「ロープで首つったら楽になれるのかな…」とか考えちゃうくらい追い詰められていたこともあった。今でも時々昔の記憶がフラッシュバックすることがある。

“心穏やかに暮らすこと”が軸になる、これを経験を通じて体感できた。

そう、特別なことなんて別になくても構いやしないさ。

朝日とともに目を覚まし、顔を洗い歯を磨き、必要なタスクを片付けて、時々は部屋を掃除し、昼食を済ませて昼寝…それからゴロゴロするでもいいし外に出て散歩でもいい…

こういう生活を手に入れて余生をまったり楽しむのが僕にとって1つの回答な気がする。足るを知る者は富むと古来から伝わっているし、最終的には自然とそういう生活に行き着く気がしている。

まぁ人それぞれセミリタイアしてからの形は違うし、みんながみんな穏やかな生活を求めなくたっていい。十人十色で違う生活の様子が見れた方が面白いから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました