「流されるままに生きる」ことは「流される人生」とは全く違う

スポンサーリンク

流されるままに生きる」ことと「流されて生きる」。

似たような響きの言葉だけど、意味合いは全く異なる。

人生に関する話で”流される”と聞くと、なんだかネガティブなイメージが湧いては来ないだろうか?

それは自分の人生が大したことないと感じる、自分を見失う、自分の意見を持たないといったことがイメージされるからで、「流される人生」とよく揶揄される。

僕も長い間、世間や他人その他諸々に流されながら生きていた。

例えば、親に言われるまま特に興味のなかった水泳や英会話の習い事をしたり、「よくわかんないけどここなら安定してるだろう」と適当に就職先を決めたことを思い出す。

これまでの自分の人生を振り返れば、確かに自分の人生全てを他人に身を任せることは危険だなと思わなくもない。

なんだけど、他人に流されないことだけに固執するのは違うかなと僕は考えている。

ここで僕から提案が。

あなたも今後の人生は「流されるままに生きる」ことを考えてみませんか?

スポンサーリンク

「 流されるままに生きる 」ことを考えてみた

流されるままに生きるとは何か?

具体的には、

自分が大切にしている思い・価値観はなんとしても守り抜き、かつ他人の意見も柔軟に取り入れる生き方

と僕は勝手に定義している。

かっこよく言うと、柔よく剛を制す生き方といってもいいかも。

僕もこういう生き方をポリシーの1つとして持っているんだけど、完璧に実践できてるかは…正直微妙だ。

よく考えてみれば自分の周りにある環境や人、時代の影響を受けない人間は誰もいない。

蛇口をひねれば水が出てくるのが当たり前な環境があれば、毎日長い距離を歩いて水を汲みに行かなければならない環境で生まれ育つ人もいる。

パソコンが得意な子供がいてもただのオタクと捉えられるか、将来の逸材として手厚い教育を受けられるかは、周りの環境や人がその子の才能を見抜けるかどうかだ。

運よくバブル時代に就活して楽に就職できた人と、運悪く就職氷河期に就活時期があたってしまった人がいる。

つまり、完全に流されない生き方をすることなんて不可能なんだ。

自分がどう生きたいのかさえハッキリ持っておけば、流されるままに生きるのは良いことだと僕は思う。


自分の常識や経験なんてのは、生まれ育った環境や時代、周囲の人によってだいだい決まってしまう。

それらが1つ1つ積み上がって、自分という人間を形成していく。

さっき書いた習い事や、就職した会社で学んだことは僕は決して無駄だと思っていない。

面白かったことばかりではなく、嫌だな~と思ったり、嫌々やらされた経験だって多い。むしろほとんどがそういう思い出だ。

でもそこで培った経験は今でも役立っているなと感じる。

例えば仕事でPCを打つ機会が学生の時より増えたおかげか、今ではブラインドタッチもお手の物。最初は嫌がっていた水泳も、今じゃ大切な趣味の一つだ。

英会話に行っていたおかげで、中高の英語の成績は結構よかった。

だから自分が経験してきたことに無駄なものは一つもないし、その全てが自分の血肉となっていくんだ。

「絶対こうしたい!」と自分の意見に固執するといつまで経っても視野が広がらないし、周囲から冷めた目で見られがちで辛い生き方になるんじゃないかな?

まぁそういうことで、「 流されるままに生きる 」のも片意地を張らず気楽に生きることが出来るし、悪くないと思うんだけどどうだろうか。

間違っても上手に生きるなんて考えちゃだめだ。

下手でもいいから、流されるままでもいいから、最終的に自分の理想にしっかりたどり着ればそれでいい。



命の次に大切なものは何ですか?

だからといって、自分の意見を持たず他人に流されっぱなしというのは非常に危険だし、自分を見失うことに繋がってしまう。

自分の人生が大したことがない、という悲観的な見方にもなってしまいやすい。

これを防ぐためには、自分の人生のプライオリティを何に置くか?ハッキリさせることが1番良いと思う。

お金?家族?友達?仕事?

人の数だけ答えはあるだろう。

僕にとって、命の次に大切なのは「時間」。

理由はただ一つ。

自分が好きなように使える時間を増やすことにしか興味がないから。

最近は週2休みでない企業も多く、未だにサービス残業や残業時間数自慢といった理解しがたい風習が横行している。

令和の時代になってもそう簡単には変わらないだろう。

他にも定時で帰ろうとした途端に周囲から冷たい視線をあびるなど、ただただ自分の貴重な時間を食いつぶすばかり。

だからこそ僕は、「自分が好きなに使える時間を生み出す」ことに人生のプライオリティを置いている。 僕の人生において譲れない部分だ。

まぁ30までには週5フルタイムの労働から脱して、週2~3日でのんきに働いている予定だから。


まとめ

少し話が脱線したけど、

これだけは譲れない!という核さえ決めてしまえば、他のことは流されるままにしておけば良いので決めた瞬間から人生が楽になった。

自分にとって大切なものは大事に守り抜き、降りかかる困難や自分への批判は合気道のごとく受け流す。

そして時には、他人の意見や思いがけない経験を自分の中に取り入れて自分のものとする。

これからの人生も流されるままに楽しんでいきたい。

人生観駄文集
スポンサーリンク
この記事をシェアする
このブログをフォローする
スポンサーリンク
一人だけの王国 -Only ONE Kingdom-

コメント

タイトルとURLをコピーしました