ブログを書き続ければ”脳のしわ”を増やせるのか?

スポンサーリンク

ブログを始めたきっかけとか目的を掘り下げてみたい。

ここ数年僕がやってきた仕事は工場現場での製造、いってしまえば単純労働に分類される。それ以前に新卒で入った会社では技術開発職だった。

単純労働と頭脳労働。180度労働形態が異なる。

その弊害なのかわからんけど…最近ただでさえバカで使えない頭がさらにバカになっている感じがしなくもない。

“脳のしわ”の数がだんだん減っている気がする。そんなちょっとした危機感を感じているわけだ。

ブログを始めた理由に、この“脳のしわ”を増やすことが出来ないか?というのが1つある。

スポンサーリンク

文章作成は右脳と左脳の組み合わせ

一昔前にニンテンドーDSの脳トレがブームになったように、 日ごろから意識的に脳を使うことでボケ防止にもなる。継続的に文章を書くことは脳にとっていい刺激になるらしい。

ブログ1記事を書くだけでも、

  • ①記事のテーマ設定
  • ②見出しの設定
  • ③本文作成
  • ④修正・加筆

他にも記事本文は文章的におかしな表現がないか?誤字脱字がないか?チェックしたり意外と骨の折れる作業だと思う。

文章を書くという作業は、右脳と左脳のコンビネーションらしい。

参考記事: https://works.sagooo.com/kobuta/2761/

右脳と左脳の仕組み~脳を鍛えて文章力アップ~

ブログを書き続けることで”脳のしわ”を増やすという目論見は的外れではなさそうだ。

単純労働の反動で創造的なことがしたくなる

あと肉体労働を長く続けている反動で、創造的なことがしたくなったというのも理由の1つ。

あることを長く続けていると、その反動で正反対のことがしたくなるってあると思いません?

受験勉強の反動で大学生が遊びまくるなんてその最たる例じゃないだろうか(大学デビューってやつ)。

逆に普段から肉体労働で体を動かしているせいか、筋トレとか激しい運動をしたいとかは全く思わない。

もしかすると将来セミリタイアして労働日数を減らしたら、またフルタイムで働きたい衝動に駆られるんだろうか…?

どうだろ?

「いや、ない。」と反語的に100%否定できるかはわからない。セミリタイアしてからどうなるか見てみよう。

頭脳と肉体のバランス

右脳と左脳、頭脳労働と肉体労働、心と体…

これらは一方に偏るのではなく、両輪のバランスをとりながら成り立っている。

ブログを書きたい、なにか創造的なことがしたいという欲求も、肉体に偏り過ぎたバランスを頭脳側に戻す作用が働いているんだと思う。

例えば普段家にひきこもりがちな人は例えば散歩を習慣にすれば、外出の機会にもなるし運動不足も解消できるだろうし、体への影響はだいぶ違うはず。

頭脳と体、将来やってくるセミリタイア生活でもこのバランスは意識したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました