紙の本と電子書籍の使い分け方&その考え方を書いてみた

スポンサーリンク

紙の本と電子書籍

両方をうまく使い分けたり、またはどちらか一方にこだわる…考え方は人それぞれかなと思います。

僕は前者の考え方で、シチュエーションによって電子書籍か紙で買うか決めています。

といっても、今の買い方に落ちつくまでは長い間いろいろ試行錯誤してきました。

最近無職になって読書をする機会が増えてきたし、紙の本と電子書籍どちらも大いに活用できていると思うし改めて使い分けを考えるのにいい機会ですので、紙の本と電子書籍どっちを買えばいいか?使い分けをどうするか?ぼく個人の考えではありますが紹介していきます。

スポンサーリンク

紙と電子書籍は使いよう

冒頭に書いた通り、僕はシチュエーションによって紙と電子書籍を使い分けしています。

簡単にいうと、

紙の本:ガチで勉強したい時(ノウハウ、仕事、ビジネス書など)、そもそも電子書籍の扱いがないとき

電子書籍:小説、漫画、なんとなく勉強したい・読みたいとき

大まかな傾向としては以上のスタイルで落ち着きました。

①紙の本を買うとき

ガチで勉強したいときには紙の本を使う方がいいと個人的には感じます。

受験勉強も紙の本を使って、その内容をノートに書きなぐって勉強した経験ありませんか?(僕だけ?)

それと同じで、仕事に関係するスキルやノウハウを学ぶとき、趣味でまじめに勉強したいとき、あとはブログマネタイズの参考書などは紙の本を使うようにしています。

僕が古い世代の人間だからかもしれないし受験の事情にもう明るくないのもありますが、受験やテスト勉強で電子書籍を使っている話はあまり聞いたことがないです。今後普及していく可能性は大いに考えられますが。

紙の本のいいところは、 ページをめくったり本の手触りやにおいを感じたり…要は五感を使いながら本の内容を学ぶことができることです。

だから勉強した内容が頭に残りやすい、五感と勉強した内容が脳内でリンクしやすいから。

同じ理屈を使ったテスト勉強の裏技として、歩き回りながら教科書を音読して読むというのがあります。

歩き回る+音読して読む、この2つの感覚を使うから、イスに座って教科書を黙読するよりも勉強内容がインプットされやすいという理屈。

テスト勉強だけじゃなく仕事の勉強にも勿論使えるので実践してみると面白いかもしれません。

あとは電子書籍の扱い自体がない場合、当然紙の本を買わざるを得ません。

一昔前に発売された本は電子書籍化されず絶版になったものが多いんですよね。

ホントは電子書籍版が欲しいんだけど扱ってない…というときは発売まで辛抱強く待つか潔くあきらめる、古い書籍であれば古本屋やブックオフを漁ったり図書館で探してみましょう。

②電子書籍を買うとき

対して電子書籍は、なんとなく読みたい本や小説、マンガなど手軽に読みたいときに利用しています。

最近は3ヶ月間無料体験の楽天マガジンに入ってサッカーやアニメ、車、ファッションとかいろんな雑誌を読み漁ったりしています。ジャンル問わず読み放題で雑誌の一覧も見やすくて使いやすいです。

電子書籍のメリットはなんといってもスマホでポチっと購入できる、収納スペースを使わずに済むし、読書リーダーをどこにでも持ち運べるなどです。

手軽に読めるものは電子書籍一本に絞ってしまったほうが合理的なように僕も思います。

けどスマホやPCなどで本を長時間見るとやっぱり目が疲れるし、見づらい箇所をいちいち拡大縮小する、スマホでkindleなどのアプリを開く一連の工程が面倒です。旅先とかで読書リーダーを持ち込むと余計な荷物の1つになりますし。

手軽に読める分、ついソファーで寝っ転がりながら読みふけってしまうけど、時々目を休ませることを忘れずに。

最後に

紙の本と電子書籍についてのスタンスを書いてみました。

これは何十冊と本を読んでいくうちに、だんだんと本の買い方や捉え方、使い方が見えてきたからこその話。

本の使い分け方を自分の中で定めるには、やっぱり色んな本を読んで自分の考え方を形作らないと無理だと思います。

自分だけの本の使い方を確立できれば、読書はもっと楽しくなります!

僕ももっといろんな本を読んでいきたいです。

いろんな知識を得たいから。

いろんな感情を味わいたいから。

いろんな生き様を知りたいから。

いろんな考え方を知りたいから。

これからどんな本との出会いがあるかわからないけど、運命の一冊とまた出会ったみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました