人生で大事なのは時間の使い方。自分の人生を後悔しないためには

スポンサーリンク

700800時間

仮に人生を80年とした場合の合計の時間だ。

これを長いか短いか、どういう風に捉えるかはあなた次第。

ただ確かに言えることが一つだけある。

今この瞬間にも刻一刻と人生の残り時間は減っているということだ。これは全ての人間に共通している運命で決して逃れることはできない。

人間にとって「時間」とは、切っても切り離せない概念。

あくまで個人的な意見だが、人生で最も大事なのは「時間」だ。

僕は物心ついてからずっとこう考えて生きてきた。

もう一つ思っているのが、人生の時間の使い方をよく考えないと一生後悔して生きる運命になるということだ。

今回は「人生の時間」をテーマに僕が日々思うことを語ってみたい。

スポンサーリンク

人生で大事なのは時間の使い方

全ての人に平等に与えられているのが「時間」。

この世に産声をあげた全ての人が、時間と共に成長し大人になり、年と共に老いてやがて死を迎える、これが定めだ。

だから人生の終わりについて考えても意味はなくて、本当に大事なのは、

人生で与えられた時間は有限である以上、生きている間にそれをどう使うか?

これが重要だと僕は思うわけ。

自分の人生に与えられた時間をどう使うかは人それぞれ答えがあると思う。

僕の人生の目的とは、「自分の人生を縛るものすべてを断捨離して自由に生きること」。

人生を縛るものを考えてみると、会社での労働とそれに伴う余計な人間関係がそれにあたる。

例えば仕事場では、

「休みの日パチンコいかないのか?」

「キャバクラ行かないか?」

「貯金ばかりしてないで社会に金を落とせよ」

「休日は家にいないで遊びにいけ」

などと興味もない話をひたすら上司や同僚に振られるばかり。

他にも自分の普段の生活や休日、趣味への過度なツッコミ、なんの慰めにもならない愚痴、社畜自慢の数々…。

書いてもキリがない。

朝早く目覚まし時計に叩き起こされて、通勤ラッシュに巻き込まれ、仕事中はウザい上司に怒鳴られ夜遅くまで残業は当たり前。

やっとのことで業務を終えて疲れ果てたまま家に帰っては寝るだけ。

会社での労働に人生をささげるというのは、今書いた生活を40年以上続けるということになる。

改めて正気の沙汰とは思えない。

自分の人生を赤の他人に決めつけられる筋合いはない!

こういうことを他人に話すと、

「会社で働いてるんだからしょうがないだろ!」

という声が四方八方から飛んできそうだけど、自分の理想の人生を実現するということは、何より自分の時間をどれだけ確保できるかにかかっている。

何より自分の人生を赤の他人に決めつけられる筋合いはない!

会社生活とかいうものに40年間縛られて、気づいたら年老いて年金生活…なんてパターンになる方がよっぽど恐ろしいじゃないか。

だから僕は人生を縛る会社での労働をできる限り減らし、悠々自適なライフスタイルを構築、そして好きなことにひたすら没頭できる人生を掴みとる。

自分の人生を後悔なく生きるためにも。

勿論そういうライフスタイルを実践するとなれば、うかつに人に話したりすれば、奇妙な目で見られたり、せっかく一生懸命働いてたのに何やってんだよ…と人は落胆するかもしれない。

あとは給料も減るリスクはあるし、すべては覚悟の上だ。

まぁ僕は別に、ビジネスで独立して○億円ガンガン稼ぐぜ!なんてマッチョな人間ではないし、欲しいものもあんまりないし、遊ぶ友達も少ないしであまり金を使わないから大した問題じゃないかもしれない。

僕がこういう人生を理想に掲げているのは、誰にも邪魔されない自由な人生を一度でも掴んでみたい、ただそれだけの話。

僕は生粋のめんどくさがり屋だけど、人生後悔したくないならひたすら行動するしかない、これは肝に銘じていて肝心な時には動くようにしている。

普段めんどくさがりなのは、そのための体力を温存するためだ。

とカッコつけてみる。


価値観は人の数だけあるんだから、後悔なく生きる為にすべき行動の答えは無限にある。

ただ確かなのは、自発的に行動を起こさないと、先の未来は一生変わらないままということだ。

自分のやりたいことをやれずに後悔して一生の時間を過ごすか?

はたまた巡ってきたチャンスを掴んで、自分が自由自在に使える時間を手に入れるか?

どちらが自分にとってより良いのか、自分と向き合ってみるといい。

最後に

人生における時間が有限である以上、自分の命の終わりはいつ訪れるかわからないし、もしかすると明日かもしれない。

だからその時期を考えても意味はないと思う。

何度も言うけど、大事なのはどれだけ後悔しない人生を日々歩めるか?

人生思い通りに行かなかったり、迷いや不安がきっとこれからもたくさんあるんだろう。

既に過ぎてしまった時間を取り戻すことはもうできないけど、これから訪れる時間は自分自身が決めることができる。

最後に人生における時間の名言で〆ようか。

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?


スティーブ・ジョブズ

時間の使い方は、そのままいのちの使い方になる。

渡辺和子(ノートルダム清心学園の理事長)


人生観駄文集
スポンサーリンク
この記事をシェアする
このブログをフォローする
スポンサーリンク
一人だけの王国 -Only ONE Kingdom-

コメント

タイトルとURLをコピーしました