ポケモン剣盾(第8世代)の対戦環境についての個人的予想

スポンサーリンク

2019年11月15日に発売が決定したポケモン剣盾。

新ポケモンや新キャラはもちろん、ダイマックスやマックスレイドバトル、ワイルドエリア、互換切り…その他さまざまな新要素が発表されている。

僕も今からガラル地方へ行くのが楽しみで仕方ない。

さて今回書いていきたいのは、ポケモン剣盾つまり第8世代の対戦環境についてだ。

7世代での最高レート1800程度の自分が書くのもどうかと思うけど、まぁ個人的予想ということで一つ見ていってほしい。

スポンサーリンク

ダイマックス=(メガ進化+Z)÷2??

メガ進化とZ技の廃止に伴い、対戦でのダイマックスはその2つを割ったような性能になるんじゃないかと思っている。

メガ進化の部分はダイマックス化による、ステータス向上を反映。

Zに関してはダイマックス技の実装が決定している。

ダイマックスは3ターンの制限があることからバランス調整も留意されている。

メガ進化とZとは違いターン制限があることから、ダイマックスとダイマックス技を使うタイミング、そして相手の選出を予想しそれに合わせて的確な選出することは一層重要になるだろう。

せっかくのダイマックス技を相手の交代でスカされたら目も当てられない。

第7世代初めの頃も、Z技登場で受けが成立しない…と言われていたものの、崩しをZ技に依存しているパーティが多いことから最終的にはサイクル寄りの構築が主体となっていった。

第8世代でも、7世代の構築を踏襲したサイクル寄りのパーティが多くみられると予想するので、それをメタった構築を考えていきたい。

第8世代で減りそう&復権しそうなポケモンを予想

次に第8世代で減りそう&復権しそうなポケモンを予想してみた。

大打撃を受けるのは、メガ進化がほぼ前提であるポケモンたちだろう。主に、

  • フシギバナ
  • リザードン
  • ガルーラ
  • ハッサム
  • バシャーモ
  • ラグラージ
  • サーナイト
  • クチート
  • ライボルト
  • ボーマンダ
  • メタグロス
  • ルカリオ

などか。

特にリザードンやガルーラ、クチートは環境から消滅するのは間違いないだろう。

ハッサムも非メガでは数値不足を感じる。

バシャーモも加速は健在だが、メガ廃止による火力と素早さ低下、Zによる役割破壊がなくなるのは痛い。今後はバトンが主軸となるか。

ラグラージは先発ステロあくびのサポーターとしての仕事がメインになるだろう。

ボーマンダも登場するフェアリータイプ次第だが、第5世代以前と同じくカイリューに後れをとりそうだ。

メガの素早さを失ったメタグロスは、鋼の耐性を活かしたフェアリー受けにジョブチェンジするかもしれない。(ガルドでいいとか言わない

一方、メガ廃止の影響がそこまで大きくないのは以下のポケモンたちだろう。

  • ヤドラン
  • ゲンガー
  • ギャラドス
  • バンギラス
  • ガブリアス

あたりだろう。

この辺のポケモンたちは、メガがなくても十二分に戦えるし、ガブリアスはそもそもメガ進化が使われない。

今後も大きく数を減らすことは考えにくいと予想する。


第8世代の環境を予想するには情報が不足しており、まだまだ予想を固めるには早すぎる。

既存のポケモンたちがどれぐらい登場するかもまだ未定だし。

個人的な見解だが、メガ進化とZがなくなることで、それ以外のバトルを左右する要素である天候パなどが数を増やしてくるのかなと思っている。

つまりは第5世代あたりの環境に少し近づいてくるんじゃないか?と予想している。

登場ポケモンと環境次第では、ラティハッサム、ローブシン、ガブリアスあたりの復権は十分考えられるだろう。

まぁキーポイントであるダイマックスの仕様や登場ポケモンたちの情報が不足しているので憶測にすぎない。

今後も最新情報に注目する必要がありそうだ。

まとめ

長くなってしまったので内容をまとめると、

第8世代でもサイクル寄りのパーティが多くみられると予想

確実に数を減らすのは、メガ進化がほぼ前提であるポケモンたち

→リザードン、ガルーラクチートボーマンダ、メタグロスなど

③数を増やすポケモンは現時点では不明

④環境としてはメガ&Z廃止で第5世代以前に近づく?

まだまだ情報が足りず雑な予想になってしまったが、考察がまとまったら随時追記していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました