日記ブログでアドセンス審査に絶対合格できるコツ5選

2019年3月末から運営を始めた当ブログも開始2週間ほどで、グーグルアドセンスのサイト追加申請に一発合格することが出来た。

2018年10月から新たにサイトを追加する際も審査が必要になる等、ますます審査基準は厳しくなっている。

そして当ブログは大雑把にいえば、日記や雑記系に分類されるブログ。アフィリエイトブログと違って合格しづらいイメージがあると思う。

では合格できるコツや基準は何なのか?

今回は忘備録の意味も込めて、日記・雑記系ブログでアドセンス審査に一発合格するための具体的な方法について書いていこう。

スポンサーリンク

日記・雑記ブログでアドセンス審査に一発合格するコツ

まず前提条件になるんだけど、アドセンス審査に通すブログは独自ドメインを取得して構築しないといけない。

当ブログの例を紹介すると、

  • サイト作成:ワードプレス
  • ワードプレステーマ:Cocoon
  • レンタルサーバー:Xサーバー(料金プランx10)
  • 独自ドメイン:Xサーバー内で取得

という感じでレンタルサーバーと独自ドメインを利用して、ワードプレスでブログを作成し審査に通している。(ワードプレスでブログを作成するときは独自ドメイン必須)

もちろん無料ブログサービス(はてな、ライブドア等)でブログを作成し、アドレスに独自ドメインを利用することでも審査に通すことは可能。

無料ブログでブログを作成しただけで、独自ドメインを導入しない状態では審査に合格することは不可能なので間違いないように。

では本題に移ろう。

①プライバシーポリシーと運営者情報のページを導入

プライバシーポリシー運営者情報

この2つは必ず作成し、グローバルメニューに表示しておこう。

いずれもAdsenseで必須コンテンツとして定義付けされている。

プライバシーポリシーでは広告配信サービスを使用している旨、運営者情報では簡単なプロフィールやブログの趣旨を書いていく。

プロフィールやブログの趣旨が具体的に決まっていない場合は、作成したいと思っているカテゴリ(例.節約のコツ、仕事術、旅行記など)についての説明を書くといいかもしれない。

実際に見たほうが早いと思うので、僕の作ったページを参考にどうぞ。

プライバシーポリシー・免責事項

このブログについて・運営者情報

②お問い合わせフォームの導入

前述したプライバシーポリシーと運営者情報のページの下部に設置すればOK。

お問い合わせフォームもAdsenseで必須コンテンツとして定義付けされている。

ワードプレスを利用するなら、プラグイン「Contact Form7」を使えば簡単にできるはずだ。

Contact Form7の使い方は以下の記事がわかりやすい。

【簡単】Contact Form7(WordPressお問い合わせフォーム設置)の使い方徹底解説 – カゴヤのサーバー研究室

https://www.kagoya.jp/howto/wordpress/contact-form-7/

③1記事の文字数は2000字以上を目安に

記事内容にもよるけど他ブログの情報も併せて考えれば、1記事2000字以上書くのがベターだと思う。

参考までに申請時のブログ記事の状態を見てみると、

記事数投稿日ジャンル文字数
13/31プロフィール817
24/1雑記2768
34/2仕事観3732
44/4仕事観2012
54/5雑記4397
64/7雑記2596
74/8人生観3699
84/9仕事観2006
94/10仕事観2402
104/12仕事観2820
114/14仕事観2751

という感じで11記事投稿、いずれも1記事2000文字以上となっている。

ちなみに投稿する記事数とPV数はあまり関係ないと考えていて、30記事以上書いても審査に落ちたり、5記事で合格したりと色んな例があるので一概に言えないからだ。

1記事当たりの文字数とそれに伴う内容を重視したほうが、合格に近づけるんじゃないかと思う。

④極力毎日更新する

更新頻度が高いブログと低いブログでは、どちらがブログ運営がしっかりしているか?

コンテンツ内容はさておき、一般的に考えれば前者のはず。

申請前までは極力毎日更新を心がけ、しっかりブログ運営をしている姿勢を示した方がいい。

といいつつ僕も毎日更新は無理で、1日ブランクが開いてしまう日もあった。

ただ、1週間以上開いていても合格した例もあり、1か月以上とか極端に開かなければ問題ないのかもしれない。

⑤中身がしっかりある記事内容

ここが最も重要になるんだけど、

最終的には記事のクオリティがものを言うんだと思う。

  • 記事内でしっかり自分の主張を伝える
  • 特に重要な個所は太字やアンダーラインで目立たせる
  • 目次や見出しをつける等、記事を見やすくする工夫を
  • 伝えることが多くなったら、箇条書きを使用
  • 画像や図表の使用

などユーザーにとって見やすく、為になる記事を書いていこう。

特に見落とされがちなのが、記事内でしっかり自分の主張を伝えるという部分だ。

例えば「今日は友達と川辺でキャンプしてきた!楽しかった」みたいな文章だと、ただの日記で終わってしまう。

付加情報として、そのキャンプ場の概要やアクセス、近道、川辺でキャンプやバーベキューするときに注意したいことなんかを添えると、ぐっと中身が詰まった文章になると思う。

料理と同じでブログの文章も味付け一つで変わるものだ。

グーグル側がブログコンテンツに求めているのも、ユーザーファーストの視点だ。

最後に

見事審査に合格すれば…

おめでとうございます!

こんな感じのメールがアドセンスから届くはずだ。

届いた後は広告設定を済ませて、自分のブログにアドセンス広告を載せよう。

結局、グーグルがブログというコンテンツに求めているものは

・しっかりブログ運営がされているか

・ユーザーに役立つコンテンツを提供できているか

この2つに尽きると僕は考えている。

もし落ちたとしても、審査の申請回数に制限はなく何度でもトライ可能なので、紹介したコツを見直して挫けず頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました