生き方の上手・下手なんか考えるから辛くなるんですよ

・正しい生き方をしなきゃいけない

・器用な生き方をしなきゃいけない

・結婚して家族を作るのが正しい人生

・週5フルタイムで働くのが正しい人生

最近でもないけれど、どうもこの国では”正しいか否か”の二元論で物事を語る人が多すぎるように感じる。

個人の生き方の話だってそうだ。

本来、生き方の上手さを勝手に定義することは誰にもできないはずだ。

生き方の上手い下手なんて時と場合、そして他人がどう見るかで簡単に変わってしまう。

そんな簡単に変わってしまうものを悩み過ぎても仕方ないではないか。

例えあなたが上手く生きていると感じていても、他の人から見れば下手に映るかもしれないし、その逆も然り。

上手い生き方をしていると思っていても、何年か後にその生き方を後悔している可能性だってありうる。

だからもう、個人の生き方について論じるのは時間の無駄だと僕は思う。

スポンサーリンク

自分の生き方に悩み過ぎる必要はない!

例えば「Xスポーツ」に人生を懸けている人は世界中にいる。

Xスポーツとは危険で過激なスポーツのことで、スカイダイビングやマウンテンボード等の大きな危険を伴うスポーツ全般を指す。

雪山の急斜面をスノーボードで滑降する人の映像をあなたもテレビなんかで見たことがあると思う。


正直Xスポーツをやっている人や映像を見ても、関係ない僕らからすると狂気の沙汰にしか思えない。

「なんであんな自殺行為なんかするんだろう?」

「スポーツで死んだら元も子もなくない?」

かつての僕はXスポーツに対してこんな感想を持っていた。

ぶっちゃけ、なんか下手な生き方してね?と思っていた(笑)

(今振り返るととても失礼だ…)

でもよく考えれば、彼らにとっては人生を懸ける位の魅力があるということだ。

そうでなければチャレンジする人もいないし、熱狂的な注目を集めるはずがない。

彼らは、生き方が上手いとか、正しいか否かなんて関係なく、自分が好きなことを夢中で追いかけてるだけなんだと思い至ったのは20代半ばになってからだった。

まぁこんな感じで、他人の生き方なんて考えても理解できる時が来るかもしれないし、もしかしたら死ぬまで理解できないことだってあるかもしれない。

生き方の上手い下手なんか考えても答えは永遠に出ないし、時間と労力の無駄だ。

ならば外野の意見なんか気にせず、やりたいことをやって死ぬのが後悔しない生き方ではないだろうか?

このことに気づいた僕は、他人と自分の生き方を比べて上手か下手か、正しいかそうでないか考えることをやめた。

確か25歳ぐらい、ちょうどニートしてた時期だったかな。膨大な時間があったから色々考えることが出来たんだろうなぁ。

他人と自分を比べて優越感に浸ればそのときは楽だし快感はあるけど、もしも劣等感ばかり感じるようになったら?

他人と比較してばかりいると、不幸を味わい続ける羽目になると僕は思う。

生き方の上手い下手にとらわれすぎて、自分が本来やりたいことを見失う。

これほど本末転倒なパターンはない。


隠居生活を全員にオススメできるとは思わない

僕の人生における理想の一つが、

「誰にも邪魔されず自由気ままな毎日を過ごしてみたい!」

ということ。

今はその道筋が見えてきたところだし、実際に行動も始めた。あとは行動し続けるだけだ。

とはいえ、その理想を押し売りするつもりなど毛頭ない。

僕のブログでは、自分の思いや価値観を紹介しているけど、無理に共感してもらおうとは思っていない。

僕の生き様や価値観が世界で最も優れたライフスタイルだとは思っていないからだ。

田舎に移住してのんびり過ごすのが幸せという人もいれば、都会の高層マンションや高級車を買って毎日豪遊するのが幸せ、という考えを持つ人もきっといる。

地球上には現在約70億人が住んでいるそうだが、価値観にも70億通りの解釈があるということだ。

むしろ自分の価値観の押し付けは煙たがられるだけだし、自分の精神も辛くなるだけ。

人それぞれの価値観に正しいも間違っているも存在しない。あるのは個人の解釈だけだ。


自分が下手だと感じる生き方はしない

ここまで、生き方に上手いも下手もないし、感じ方や価値観は人それぞれだということを語ってみた。

とはいえ自分が下手だと感じる生き方はしないほうが懸命だろう。

例えばあなたが堅実志向の人間だとして、貯金したいからといってギャンブルに手を染めるのはおかしいですよね?

これは極端にしても、

「こういう生き方は下手だ・しっくりこない」とあなたが感じたら、すぐさま人生の軌道修正をしたほうがいい。

そのときに覚えておきたいのは、軌道修正するかの判断はあなた自身だけで行うこと。

他人の意見を持ち込むと、どうしても比べたくなってしまうのが人間の性なので、余計なノイズは入れないようにしよう。

いつまでも自分と他人を比べて消耗することから解放されないのは辛いからね。


最後に

今回は人それぞれの生き方を題材に取り上げてみた。

内容をまとめると、

  • 生き方が上手か下手か、正しいかそうでないかなんて悩み過ぎても仕方ない
  • 「こういう生き方は下手だ・しっくりこない」と感じたら修正する
  • 外野の意見なんか気にせず、自分がやりたいことをやる
  • 人生の価値観の解釈は人の数だけある

自分の生き方を考えるに注意したいのは、他人や世間の基準を持ち込まないこと。

自分以外の存在に振り回されたままでは、いつまで経っても他人と比べて消耗することから解放さない。

結局生き方を考えるうえで大事なのは、

・自分にとっての幸せを追求すること

・やりたくないことをしない

この2つに尽きるのではないだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました