会社で働く意味を理解しようなんて無駄な理由

「会社で働く意味がわからない」

「やりたい仕事がない」

「なぜ働くのか理解できない…」

ひょっとしたらあなたもこんな疑問を思い浮かべているかもしれない。

必死で働かなければ生きていけなかった時代ならいざ知らず、現代の日本は経済的にも物質的にも豊かになった。

生きていくために死に物狂いで働く必要はとっくの昔になくなっている。

にも関わらず、日本では未だに会社で死んだ目で働いて消耗している人たちがほとんどだ。

そんな世の中だからか、「会社で働く意味」を必死で説いている本はたくさんある。

でもちょっと考えてほしい。

もしあなたが今ひたすら訳もわからず働いているような状態ならば、

「みんな働いてるんだから私もそうしよう…」

働く意味を理解しようとしても、こういった答えしか出てこないと思う。

ましてや仕事のやりがいや目的、本当にやりたい仕事、向いている仕事なんて考える暇もないんじゃないだろうか?

スポンサーリンク

働く意味を考えても仕方ない

結論から言うけど、会社で働く意味をひたすら考えることは時間の無駄だ

理由?

基本的に仕事の目的は「お金を稼ぐ」以外にないと考えているからだ。

そもそもあなたは何のために仕事をして働くんでしょう。

まず第一に、仕事をした対価として給料をもらって生活していくという目的があるはずだ。

「働く=お金」というのはやましいことではなく、むしろ当然の思考といってもいい。

「働くのはお金のためだけじゃない!!」と反論する意見も勿論あるだろう。

お金を稼ぐという側面だけを見ていると、息苦しく感じるのは確かだと思う。

自分が取り組んでいる仕事が好きなら、お金のことなんて全く気にせず働くこと自体に充実感を感じているだろう。

これからの時代、お金のため生活のために働く…というのはどんどんマイノリティな考えになっていくのかもしれない。

それでも僕の考えを言っておきたい。

大前提として、仕事だったり働くことはボランティアじゃあない。

仮に自分のやっている仕事が好きでも給料が貰えなくなるとしたら、あなたはその仕事を続けたいと思うだろうか?

キレイごとだけ言っていても仕方ない。

大多数の人は会社で働いて給料をもらって生活している、つまり自分の生活が掛かっているんだから、給料が貰えなくなったらその仕事なんてやる意味はなくなる。

あと会社で働く場合、本当に好きな仕事だけに取り組むことは不可能だ。

勿論それが出来ればベストなんだけど、会社勤めなら苦手な仕事に取り組まなきゃいけないシーンはどうしたって出てくる。

例えば人と話すのが好きで営業職に就いても、話すことだけが仕事じゃなく、営業日報を書いたり事務作業をしたり色んな業務がある。

もしそういった事務作業がどうしようもなく苦痛に感じるなら?

それが原因で営業職そのものに嫌気がさしてしまうかもしれない。

自分に合っていると思う仕事に就いても、本当に充実してやっていけるかは運次第…というのが実情じゃないかな。

結局会社では、好きな仕事だけに取り組める確率は極めて低いんだから、会社で働くやりがいや働く意味は考え過ぎないほうが身のためだ。

「俺は金のために働いている!」

会社で働く理由なんてこれだけで十分だ。

心を休ませるのも仕事のうち

働くことがお金を稼ぐ手段とは言いきったけど、かといってそれだけでは苦しくなる時期がやってくる。

そんなときは無理せず心を休ませる、環境を変えることを考えてみよう。

例えばちょっと遠くの温泉旅館にでも行ってみて、一日中ゆっくりリラックスしてみるとか。

他にも友達と集まって飲み歩いたりなど、時々は溜まっているストレスを発散してあげよう。

後はどうしても今の仕事が嫌だ・耐えられないと感じるなら、そんな環境からは即座に逃げよう。

今あなたがいる会社がブラック企業だったり、パワハラを受けているのであれば一刻も早く離れなければいけない。

ちなみに僕は、会社で働くことで自分の人生の大切な時間を奪われる、それが何より苦痛な環境だった。

だからこそ、転職した今の会社はほぼ残業がないし、できれば週5フルタイムから働く日数を減らす生き方にシフトしていくことを考えている。

どうしても働く意味を見出したいならすべきこと

勿論、環境を変える・働く日数を減らすといっても絶対独立がいい!と言いたいわけじゃない。

僕の友人に、仕事で心を病んで半年ほど休職した男がいる。今は復職しているんだけど、実家に帰って静養していたそうだ。

その友人は会社を辞めて独立することも考えたそうだが、本人曰く、

「自分はやっぱ起業してやるのは無理かなと思った」

「会社で働くとかフリーランスで生きるとかより、心を壊したらどうにもならない」

というのを学んだとのこと。

確かに体の傷は一定期間で治るけど、心の傷は一生モノだからね…。

例えば過去に受けたいじめやパワハラといった記憶は、時間が経っても突然フラッシュバックするものだ。

働く場所に関しては大きな問題ではなく、結局自分はどう生きたいのかに懸かっている。

だからこそ、就業形態に捉われることなく自分にとって最適な環境を探し続ける。

お金を稼ぐ以外に働く意味をどうしても見出したい、あるいは会社で働くこと以外に人生の目的があるなら、これこそが重要ではないだろうか?

まとめ

今回は会社で働く意味を理解しようなんて無駄!ということをテーマで書いてみた。

内容をまとめると、

  • 仕事はお金を稼ぐ手段である以上、働く意味を考えても仕方ない
  • 特にやりたいことが見つからないなら考え過ぎないほうが楽
  • とはいえそれだけでは辛いので、心を休ませるのも仕事のうち
  • 働く意味を見出したいなら、自分にとってベストな環境を模索すべき

という感じになる。

結局、会社で働くだけならいちいちその意味を考え過ぎないほうが楽。

仕事を頑張ろうとするから辛くなるんだ。頑張ることは止めて心を軽くすることに重点を置いて仕事しよ。どっちの心の状態でもやることは同じ

発言者不明

http://meigen.keiziban-jp.com/ikitakunai

仕事というのは人生の大半を占めるもの。

会社で働くことだったり、起業するなり、あるいはフリーランスで生きていくなり…

就業形態にこだわらず、自分の幸せに結びつく道を進んでいきたいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました