このページの先頭へ

ベーシックインカム導入で働く意欲は低下しない絶対的理由

ベーシックインカム導入で働く意欲は低下しない絶対的理由

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

これからの時代、あらゆる分野で自動化が進んでいくとされています。

 

ベーシックインカム(BI)」もその1つです。

 

ベーシックインカムとは何か簡単にいうと、政府が国民全員に生活できる分のお金を毎月配る政策です。

 

例えるなら、政府から毎月7万円が働かなくても口座に振り込まれるといった感じですね。

 

いわば毎月お金を配るから働かなくても困らない状態、収入の自動化が実現します。

 

ベーシックインカムの実現性や導入時期についてはこちらに書きました。

 

ベーシックインカム実現は20X0年以降!導入時期を予想

 

 

 

ベーシックインカムが実現すれば人々が労働から解放される時代がやって来るわけですが、導入する場合の課題がいくつもあります。

 

その中で注目したいのは、労働・働く意欲の低下です。

 

「毎月お金が貰えるなら働く人間なんていなくなる!」という理屈ですね。

 

でも本当にそうでなんしょうか?

 

僕自身は「働く意欲が低下することはあり得ない」と考えています。

 

その理由をこれからお話ししていきましょう。

 

 

ベーシックインカムを実際に導入してみた結果!

 

2017年6月に、イランで6年間行われていたベーシックインカム導入実験の結果が発表されています。

 

2011年から国民平均収入の29%にあたる1日1.5ドル(約170円)を、雇用状態に関わらず支給するという制度が試験的に導入されました。

 

日本に当てはめれば2011年度の平均年収が414万円ですから年間約120万円、

 

つまり毎月10万円が働かなくても配られたらどうなるか?という想定です。

 

 

 

実験の結果、現金補助制度がイラン国民の労働時間が減少させたという証拠はほぼ全ての世代で発見されず、一部の業界ではかえって労働時間が増加し事業拡大につながったとのことです。

 

唯一20代だけは労働時間が減少しましたが、これは現金補助で得た収入を進学に充てたためと考えられているそうです。

 

ベーシックインカム導入で働く意欲は低下しないことが実際に証明されているんですよ。

 

しかも補助されたお金を自分の進学に充てられているし、これってすごい良いことじゃないですか。

 

同じような傾向が北米で行われた導入実験でも表れています(※参考記事A)。

 

 

自分の仕事が楽しければ、ベーシックインカムに関係なく続けるはず

 

このように、ベーシックインカム導入で労働意欲は減少しないことが多くの実験で示されています。

 

日本でも導入実験を行えば同じような傾向がみられる可能性は高いと思います。

 

そもそもの話、自分が今の仕事が好きなら、ベーシックインカム導入に関係なくその仕事を続けたいと思うはずなんですよ。

 

というよりも自分の仕事が楽しいと思えているなら、毎日労働している実感さえないんじゃないかな。

 

自分が楽しいと感じることを続けられて補助金までもらえるなら、これ以上得なことはないですよね?

 

 

 

逆に今の仕事がつまらない、嫌いという場合はどうでしょう。

 

もっとも、日本では会社の仕事が好きな人より嫌いな人が大半だと思いますが。

 

何せ意欲や情熱を持って生き生きと働いているサラリーマンなんて日本には5%しかいないのですから。

 

敷かれたレールが全てでいいの?いい会社に入って働くのが人生の目的?

 

詳しくは上の記事で書いていますが、日本のサラリーマンのほとんどはやる気がなく毎日死んだ目をしながら働いているのが現状です。

 

毎日ストレスを溜めては暴飲暴食をして健康を害し、「こんな仕事辞めてやる!」といった愚痴ばかり。

 

つまり、仕事が嫌いな人は元から「働く意欲」を持っていません。

 

元々持ち合わせていないものが、ベーシックインカム導入で減るはずがありませんよね?

 

これが「ベーシックインカム導入で働く意欲が低下することはあり得ない」と僕が考える絶対的理由です。

 

 

僕らの未来は明るい!

 

ベーシックインカム導入で働く意欲は低下しない絶対的理由

 

僕らが望もうが望むまいが、近い将来多くの仕事がAIやロボットで代替される運命にあります。

 

AIやロボットでできる仕事なら人間がやるより効率的なのは目に見えているからで、わざわざ人を雇うこともないので人件費削減にも繋がります。

 

肉体労働はロボットに取って代わられ、人間ができる仕事は頭をつかう知的労働に限られてくるでしょう。

 

これは資本主義社会の当然の帰結です。

 

でも悲観する必要は何もありません。

 

ベーシックインカムが導入された未来では、仕事するのが嫌いな人わざわざ働かなくても良くなるんですよ。

 

むしろ仕事が嫌いなのに無理して働く方が、これからの時代では不利益になる可能性が高いです。

 

働く気のない人が無理するより、好きで仕事に取り組むほうが生産性が高いのは明らかですからね。

 

 

 

今後の時代では、

 

自分の仕事が好きならそのまま自由に続けられるうえ、補助金までもらえる。

 

仕事が嫌いなら無理にやる必要はないし、生活できる分のお金を貰って生きていける。

 

どちらにとってもwin-winじゃありませんか。

 

だからこれからの未来は明るい!そう断言していいと僕は思います。

 

人類史上初めて生活に必要なリソースを自動で得られる時がすぐそこまで来ているのです。

 

 

 

今後の未来では自分の体を動かす肉体労働の時代は終わり、頭を働かせる知的労働の時代が到来します。

 

食いっぱぐれない為に必要となる知的労働のスキルが以下のページで学べます。

 

フリーランスアフィリエイトプロジェクトのレビューページ

 

よければ併せてご覧ください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ベーシックインカム実現は20X0年以降!導入時期を予想
政府が国民みんなに生活できる分のお金を配る政策・ベーシックインカム(BI)。その実現性は?財源の問題はクリアできるか?もう1つの課題は国民の理解が得られるかどうか?本格的な導入時期を予想とBI導入が日本でも必ず実現する理由を書いてみました。
セルフベーシックインカムの本当に正しい作り方
政府が国民全員に生活できる分のお金を配る政策・ベーシックインカム(BI)。世界的に実験が行われ効果を挙げていますが、日本での導入はまだ不透明です。なら自分で作ってしまいましょう。ネットビジネスによる本当に正しいセルフベーシックインカムの作り方を公開します。

トップページ プロフィール 推奨教材 カテゴリ一覧 お問い合わせ