このページの先頭へ

ベーシックインカム実現は20X0年以降!導入時期を予想

ベーシックインカム実現は20X0年以降!導入時期を予想

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ベーシックインカム実現は20X0年以降!導入時期を予想

 

突然ですが、あなたは「ベーシックインカム(BI)」という言葉をご存知でしょうか?

 

wikipediaによれば、

 

最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策

 

とあります。

 

ざっくり言うと、政府が国民全員に生活できる分のお金を毎月配る政策です。

 

毎月お金を配るから働かなくても困らなくなる、つまり「勤労の義務」から人々を解放することが最大の特色です。

 

(※代わりに社会保障や年金、生活保護、失業保険等は廃止)

 

希望の党が衆院選の公約に含めていたことが話題になっていましたね。あれからどうなったかサッパリ知りませんが。

 

因みにヨーロッパではフィンランドやオランダ、スイスが既に社会実験を行っている段階に入っていますね。

 

 

 

人工知能(AI)とベーシックインカム(BI)、2つのIが間違いなくカギとなるこれからの時代。

 

僕が今特に注目して実現を楽しみにしているトピックがAIとBIです。

 

このページを読んでいるあなたも僕自身にも、2つのIは僕らの生活に深く関わってくると思います。

 

将来的にどんな形で実現するのか想像も尽きませんが、スマホやPC以上に日常生活に溶け込んでいくのかもしれません。

 

今回は、BIが本当に日本で実現するなら導入時期はいつ頃?という話をメインに、BIについて僕個人の見解を交えて書いていきたいと思います。

 

 

財源の問題はクリアできるのか?

 

まず気になるのが、

 

ベーシックインカム(BI)で使う分の財源は確保できるのか?

 

という問題です。

 

極端な話、国民みんなにお金を毎月ばら撒くんですから相当の財源が必要になります。

 

国家予算の詳しいことは僕はよくわからないので、以下の記事を参考にしました。

 

 

結論からいうと、必要な財源は社会保障や年金、生活保護をBIに回せば確保できるとのことです。

 

そもそも社会保障や年金や生活保護は、BIで毎月お金を配るなら必要ありませんからね。

 

上記記事の内容を簡単にまとめると、

 

・社会保障関係費全体を全てBIに充てる場合、総計118.3兆円を回せる計算。

 

・これを日本の人口(1.27億人で計算)で割ると一人当たり年間93万円、月額7.7万円。

 

・年金や生活保護等の審査を一本化できるので人件費も2100億円程度削減可。

 

これを見る限り、第1の壁である財源はクリア出来そうですね。

 

ただ社会保障が廃止になれば老人や障碍者の生活はどう支援するのか?

 

また、今まで払ってきた年金は返ってくるのか?などBIの財源確保で様々な弊害がありそうです。

 

国の借金がもっと膨れ上がってBIに回す余裕がないって可能性も十分ありえそう…。

 

 

最大の問題は国民の賛成が得られるかどうか

 

とりあえず財源の問題はクリアできるものとして、まだ次の壁が残っています。

 

個人的に、日本でベーシックインカムを導入する最大の壁は「国民の賛成・理解が得られるかどうか?」じゃないかなと考えています。

 

 

 

よく考えてみてください。

 

「これから毎月お金あげるから働かなくていいよ!」

 

といきなり言われて本当に受け入れられかどうかを。

 

(僕は大歓迎ですが(笑))

 

現に2016年にスイスで行われたベーシックインカム導入の国民投票では、財源不足や国民が働かなくなることを理由に反対73%で否決されています。

 

ただでさえ「働かざるもの食うべからず」というが風潮が根強い日本でも反対多数になるのは必至だと思います。

 

 

 

では日本でベーシックインカムの導入は無理なのか?

 

僕の考えは「今は無理だが、年数が経てば導入が受け入れられる」という見解です。

 

以下の図を見てください。

 

ベーシックインカム実現は20X0年以降!導入時期を予想

 

出典:衆議院議員総選挙における年代別投票率の推移 総務省

 

この図は衆院選の年代別投票率の推移を示しています。

 

見ての通り50、60、70代以上の高年齢層が高い投票率を記録していますね。

 

その一方で40代以下の投票率は平均より低い傾向があります。

 

一概には言えませんが、人間年を取るにつれて自分の考えや常識に頑固になる傾向があると思います。

 

彼らの常識では「会社の為に身を扮して働く」、「働かざるは食うべからず」といった悪く言えば古臭い根性論が根強く支持されています。

 

勿論これは有権者だけでなく、政治家にも当てはまることでしょう。

 

長年生きてきて凝り固まった常識は、鉄板の錆びのようにこびりついて取れないものです。

 

また、もしベーシックインカム導入となれば衆院選、参院選でその是非が問われるはずです。

 

流石に選挙もなしにいきなりベーシックインカムの法案を通すのはあり得ないでしょう。

 

 

 

もうお分かりになられた方がいるかもしれません。

 

ベーシックインカム導入を提案しても、今現在の主要な投票者である50代以上には否定される可能性が極めて高いです。

 

現にフリーランスやノマドといった新しい働き方が広まり始めたのは、今でいう30〜40代からの世代が多いです。

 

でも投票者が多い50代以上の人にはそういう生き方は「非常識」として見向きもされない。

 

彼らの多くは「会社の為に身を扮して働く」、「働かざるは食うべからず」という常識に沿って人生を過ごしてきたのですから。

 

ましてや働かずして金を貰えるベーシックインカムなど、これまでの人生を否定されるようなものですから反射的に拒否反応を起こすかもしれません。

 

 

 

つまり、50代以上の世代とそれ未満の世代交代が起きない限り、この国の常識が変化する可能性は低いというわけです。

 

世代交代が起き始めるのが、最も投票者が多い60代の方が平均寿命を迎える頃の約20年後と考えると、

 

ベーシックインカムの本格導入は2040年以降になると予想しています。

 

 

ベーシックインカムの導入は不可避な理由

 

やや暴論だったかもしれませんが、

 

ベーシックインカム導入についての議論は今後ますます活発になると思います。

 

そして今まで硬直化していた常識も徐々に変化していくでしょう。それこそが世の中が正しい方向に向かう為には必要なことです。

 

次の時代を作るのはいつだって若い人達と新しい概念なんですから。

 

今から10年前にスマートフォンと呼ばれるものが世界中でここまで普及されるなんて誰も予想していませんでしたよね。

 

 

 

そもそも僕らが望もうが望むまいが、近い将来多くの仕事がAIやロボットで代替される運命にあります。

 

AIやロボットでできる仕事なら、わざわざ人間がやるより生産性がいいのは目に見えてるからです。

 

これはラリー・ペイジやビル・ゲイツら有識者間でも一致している意見ですね。

 

そう遠くない未来、10人のうち9人が、今とは違う仕事をしているはずだ

(ラリー・ペイジ、Google創業者)

 

テクノロジーが発展するほど、私たちの仕事は無くなっていくだろう。オックスフォード大学の調べでは、今人間が行う仕事の47%が、20年以内に機械に取って代わられるはずだ

(ビル・ゲイツ、マイクロソフト創業者)

 

代替されるものの身近な例を挙げればコンビニでしょうか。

 

前から疑問に思ってたんですが、なんでコンビニの商品は自販機で販売しないんだろうと。

 

高速道路のサービスエリアに冷凍食品の自販機がよく置いてあるじゃないですか。ああいう風にできないものかとずっと思っています。

 

コンビニを自動化できれば24時間365日販売できるのは変わらず、電気代を削減でき、人件費や店舗経営者も必要なくなりますよね?

 

全国全てのコンビニが自動化出来たら、どれだけ人件費や固定費をカットできるんだろう…。

 

他には自動運転車とその技術が実用化すればタクシーやトラックドライバーの仕事はなくなるだろうし、

 

レジ打ちの仕事はもう何年か経てば完全に消えるんじゃないでしょうか。現にセルフレジを導入するスーパーは年々数を増やしているし。

 

 

 

いずれにせよ、人間の手を使わず自動化できる類の仕事は遅かれ早かれAIやロボットに代替されていきます。

 

そうなれば多くの人が職を失うことになり、働き口を見つけるのにも苦労するでしょう。

 

この事態を防ぐためにも、ベーシックインカムの導入は不可避という方向にだんだん世論も進んでいくのかなと僕は予想します。

 

 

最後に

 

ここまでベーシックインカム(BI)の導入時期とBIに対する個人的見解についてお話ししました。

 

内容を簡単にまとめますと、

 

・BIの財源の問題は現状クリア可能

 

・BI本格導入は2040年以降になると予想

 

・AIやロボットの台頭でBI導入が本格的に進んでいくと予想

 

近い将来、AIやロボットによって人間が担う仕事は確実に数を減らしていくでしょう。

 

もしかしたら、数年後にあなたの仕事もロボットに取って代わられる可能性はゼロではありません。

 

自分の体を動かす肉体労働の時代に終わりが近いのですから、頭を働かせる知的労働のスキルを今から学んだほうがお得かもしれません。

 

詳しい方法は以下のページで解説しています。

 

フリーランスアフィリエイトプロジェクトのレビューページ

 

よければ併せてご覧ください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ベーシックインカム導入で働く意欲は低下しない絶対的理由
政府が国民全員に生活できる分のお金を配る政策・ベーシックインカム(BI)。日本で導入する際の課題の1つに労働・勤労意欲の低下が挙げられますが、本当にそうでしょうか?個人的には低下どころかむしろ劇的に向上すると予想します。その絶対的理由とは?
セルフベーシックインカムの本当に正しい作り方
政府が国民全員に生活できる分のお金を配る政策・ベーシックインカム(BI)。世界的に実験が行われ効果を挙げていますが、日本での導入はまだ不透明です。なら自分で作ってしまいましょう。ネットビジネスによる本当に正しいセルフベーシックインカムの作り方を公開します。

トップページ プロフィール 推奨教材 カテゴリ一覧 お問い合わせ