隠居した後の人生では"あるもの"が手に入る

隠居した後の人生では"あるもの"が手に入る

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

隠居した後の人生では"あるもの"が手に入る

 

隠居した後の人生っていったいどんな感じなのか?

 

あるいは何が手に入るのか?

 

このページにご訪問いただいたあなたは、きっとこう考えているんじゃないかと思います。

 

結論から言いますと、タイトルの通り、隠居した先の人生ではあるものが手に入ります。

 

そのあるものとは何か、ちょっと予想してみてください。

 

 

・・・

 

 

いかがでしょうか。

 

 

答えはただ1つ、「自由」です。

 

自由といっても、会社の飲み会での「俺(私)って自由人なんだよね〜」なんてセリフとは全く別次元の、真の自由が手に入ります。

 

世の中のほとんどの人は、限られた範囲での「ほどほどの自由」で満足せざるを得ないんですよね。

 

まとまった連休がとれるGWやお盆の時期には、どこの観光地も混雑で人だらけ、高速道路は何十kmに及ぶ渋滞ばかりで、楽しさよりイライラする気持ちだけが残ってしまいます。

 

何より長い休みを会社から貰ったとしても、それには必ず終わりがあります。

 

「連休終わったらまたあの嫌な日々が始まるのか…」

 

という、自分ではどうすることも出来ない悩みを抱えながら休みを楽しむなんて出来ますか?

 

少なくとも僕は100%不可能だと思っています。

 

 

もっと日常的な例でいえば「サザエさん症候群」ですよ。

 

日曜の夜に、明日からまた会社に行かなきゃいけないのか…と考えて鬱になるあの現象です。

 

僕も両手では数えきれないくらい、この症状にかかった覚えがありますね。

 

「ほどほどの自由」で満足せざるを得ないとは、少しばかりの休みが貰える代償にとして一生会社に縛られ続ける運命しか道はない、ともいえるでしょう。

 

 

その点、隠居した後の人生では、誰にも邪魔されることなく毎日悠々と自分の好きなことに没頭できる生涯を送ることができます。

 

つまり人間誰しもが持っている、自由になりたいという願いが叶うただ1つの方法が隠居生活なのです。

 

悠々自適な隠居生活をイメージしてみましょう。

 

人によって答えは様々あると思いますが、

 

・毎日自分の好きな趣味に取り組む日々を送る

 

・大切な人とのんびり田舎暮らし

 

・好きな時に好きな場所に出かけてみる

 

・世界中を旅しながら過ごしてみる

 

いずれも共通しているのは、毎日悠々と自分の好きなことに没頭できるということ。

 

想像しただけでも、なんて理想的な生涯なんだろうと僕は思いますね。

 

 

ところで隠居と聞いて、あなたは率直にどういうイメージを持ちましたか?

 

恐らく「老人がやること」というイメージがあるんじゃないかと思います。

 

例えば時代劇の「水戸黄門」では、主人公である水戸光圀公は、腹心である助さん・角さんからご隠居と呼ばれることが多いですよね。

 

ですが隠居生活を始めるのは何歳でも構わないし、ましてや年齢制限もありません。

 

年老いてから本当に引退するかのように隠居しなくてもいいし、隠居したいという気持ちを遠慮する必要は1ミリもないわけです。

 

 

では隠居した後の人生で手に入る自由や、実際にどうすれば隠居生活ができるのか?

 

この点についてもう少し細かな部分をこれからお話ししていきましょう。

 

最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

そもそも隠居生活って何?

 

このページを読み進めていただいたあなたは、もしかしたら、

 

そもそも隠居生活の定義ってなんだ?

 

という疑問が浮かんでいるかもしれません。

 

日常生活にはなかなか馴染みの薄い言葉ですからね。

 

wikipediaによれば隠居とは、

 

「それまであった立場などを他人に譲って、自らは悠々自適の生活を送ることなどを指す。もしくは、第一線から退くことなど。」

 

と記されています。

 

先ほどお話しした通り、年齢についての定義はなく何歳からでも隠居することは出来るんですよ。

 

僕も25歳の時から隠居生活を目指して活動を始めました。

 

(具体的な活動については後でお話しします)

 

 

…ん?

 

「おいおい、お前まだ隠居してなかったのかよ!」

 

仮にこう思われたらそれまでですが、隠居生活をすることで自由が手に入る、その根拠はあります。

 

それをお話しする為に、日本の歴史上のある人物についてご紹介しましょう。

 

 

将軍を退いた先は、ご隠居人生?

 

隠居していたことが知られている歴史上の人物の一人が、江戸幕府の第15代将軍・徳川慶喜です。

 

隠居した後の人生では"あるもの"が手に入る

 

大政奉還した後に明治政府に処刑された…と勝手に思われがちですが、将軍を退いた後は実はひっそりと余生を過ごしていたんですよ。

 

慶喜は将軍職を32歳で降りたのち、静岡に30年間、その後77歳で亡くなるまで東京で余生を過ごしていたそうです。

 

あまり知られてはいませんが、慶喜は写真や油絵、乗馬、サイクリング、ドライブ、将棋、釣り、陶芸等々…非常に多趣味だった人物でした。

 

隠居生活を送っていた時期は、自分の趣味にひたすら没頭する毎日だったそうです。

 

僕なら一国の将軍様になるよりも、ひたすら自分の好きなことに没頭できる人生の方が絶対に幸せだと確信しています。

 

恐らく慶喜本人もそう思ってたんじゃないでしょうか。

 

(個人的意見な意見ですが)

 

日本の政治家はいくつになっても権力の近くにしがみついていますが、どうして慶喜のように豊かな隠居生活を送らないんだろう?と僕は不思議でなりません。

 

 

このように歴史を紐解けば、社会の表舞台から降りて隠居し自由と幸せを存分に味わった人物がいたことがわかります。

 

ただ大昔の場合、慶喜のように特別な経歴があってこその隠居生活でした。

 

しかし現代では特別な経歴がなくても、職歴や学歴に限らず誰でも隠居することは出来てしまうんですよ。

 

その詳細をこれからお話ししますね。

 

 

隠居生活するには何が重要なのか?

 

隠居した後の人生では"あるもの"が手に入る

 

悠々自適な自由な人生

 

多くの人がこういう人生を送りたいと言います。

 

ですが同時に、

 

「もしお金が許せばですが…」

 

とも言います。

 

ここで僕が疑問に思うことは2つ。

 

・そのお金は具体的にいくらですか?

 

・自由な人生を送るには、お金だけが重要なんでしょうか?

 

 

答えは×です。

 

 

そもそもお金と幸福度は必ずしも結びつかないことがわかっています。

 

以下の記事によれば、年収800万円を境に自身の幸福度は上昇しなくなるそうです。

 

隠居した後の人生では"あるもの"が手に入る

 

 

これを踏まえると幸せって一体何だろう?

 

と考えさせられますよね。

 

幸せにお金は全く関係ないわけではありませんが、たくさんお金を持っていても不幸になる人はいます。

 

月10万円で十分幸せに暮らせる人もいれば、月100万円以上稼いでも一向に幸せになれない人もいるのです。

 

家計簿の収支と睨めっこし続ける、給与明細の額が増えることだけに拘り続けるなど、

 

お金のことだけを考えると体にとって毒にしかなりません。

 

 

さて、そろそろ答えが見えてきた方もいると思います。

 

悠々自適な自由な人生を実現したいなら、お金をテーマに考えてはいけません。

 

隠居生活するうえで最も大切なのは、自分の時間を取り戻すことなのです。

 

 

自分の時間を取り戻す

 

僕が言う自分の時間を取り戻すとは、

 

会社での労働を断捨離する

 

ということに尽きます。

 

そもそも僕が隠居生活を考え始めたきっかけは、

 

会社での労働が嫌で嫌で仕方なかったので、それを人生から消し去りたい!

 

という単純なものです。

 

 

僕が大切に持っている考えの1つに自分が嫌いなことで、人生を無駄にしないことという考えがあります。

 

好きなことで食べていくことを考えるそれ以前に、もう働きたくないという気持ちに?をつきたくなかったのです。

 

人間というのは自分の好きなことよりも、嫌いなことの方が案外ハッキリと思い出しやすいんです。

 

例えば、自分の長所を話してくださいというより、短所を話してくださいと言われた方が答え易いという人が日本人には多いと思いませんか?

 

自分の嫌いなことの方がイメージしやすく、それから逃れることを考えれば行動のきっかけにもなりやすいんですよ。

 

僕の場合、嫌いなことが「会社の労働」だったので、それから何とか逃れるために自分から行動を起こしました。

 

嫌いなことで人生を消耗している暇は1秒たりともないんですよ。

 

 

自分の人生の操縦桿ぐらい自分で握りたい

 

会社での労働を断捨離するなんて、ちょっと小難しい表現をしましたが、

 

要するに自分の時間がもっと欲しいから会社を辞めるということです。

 

 

会社を辞めるというと、どうも後ろめたいというか、甘えだ!という思いを抱く人は未だに多いです。

 

以前、僕の両親に会社を辞めたいことを打ち明けたら、

 

「せめて3年は我慢して続けろ!」

 

「そんなのただの甘えじゃん!」

 

という風なことを言われた覚えがあります。

 

 

しかしよく考えてみてください。

 

例えばもし自分がいる会社で、パワハラに合っていたり、残業続きで心身ともに疲れ果てている。

 

これは普通に考えて危機的な状況ですよね?

 

ですが、日本社会はこんな状況にも耐えることが根性があって素晴らしいと認識され、

 

耐え続ければいつかきっといいことが起きる、なんて幻想を抱き続けることが美徳とされているのです。

 

 

僕はむしろ、「嫌なことを我慢し続ければいつか状況は好転する」

 

なんて考えをいつまでも持っている方が甘いと言いたい。

 

会社に入って就職したらもう子供じゃないんですから、親や社会に頼らず自分の人生ぐらい自分で決めるべきです。

 

働いている環境が嫌なら、じっとしてないで転職なり独立して環境を変えればいいんですよ。

 

そもそも会社を辞めるリスクなんてどんな時も発生するので、それをグダグダ考えても仕方ありません。

 

自己都合だけでなく、倒産やリストラなんかがそうですね。

 

むしろ自分にとって嫌な環境からは積極的に逃げるべきです。

 

 

だって赤の他人に自分の人生の操縦桿を握られるなんて馬鹿らしいと思いませんか?

 

 

僕の人生にとって嫌な環境とは、会社で長い時間拘束されて自分が使いたい時間が奪われること。

 

つまり、会社に生活の面倒を見てもらう代わりに、自分の時間を切り売りするという人生。

 

朝早く目覚まし時計に叩き起こされて、通勤ラッシュに巻き込まれ、仕事中はウザい上司に怒鳴られ夜遅くまで残業は当たり前。やっとのことで業務を終えて疲れ果てたまま家に帰っては寝るだけ。

 

こんな生活を40年以上変わらずずっと続けることです。

 

これじゃ何のために生きてるかわからない奴隷だし、極端な話、就労時間が決まっていてしっかり3食出る刑務所にいた方がマシかもしれません。

 

 

それよりも、自分の人生を邪魔するものはさっさと断捨離して日々好きなことに没頭したり、大切な人とのかけがえのない時間を過ごした方が、

 

日々生きていることや幸せを実感できる人生ではないでしょうか?

 

人間の自由を奪うものは、悪法よりも暴君よりも、実に社会の習慣である。

 

J.S.ミル

 

 

ノーリスクで会社を辞める為にはどうする?

 

まぁとはいえ、収入源がないと生活していけないのは確かなので、今度は自分でお金を稼ぐ力を身につけことが僕には必要でした。

 

会社に務めて働くという、社会のレールから外れて生きることに不安は感じてましたし、第一、自分で稼ぐ力を身につけられるかなんてわかりませんでした。

 

「じゃあ結局どうやって隠居すんの?」

 

という話になりますが、

 

僕が取り組んでいるのが副業です。

 

副業で本業と同等以上の収入を安定して稼げるようになれば、会社を辞めても食べることに困らなくなるので、堂々と会社の労働にNOを突きつけることができるだろうと考えたからです。

 

あらゆる副業について調べて行きついた先が、ネットビジネスというものでした。

 

ホリエモンこと堀江貴文氏が提唱する「儲かるビジネスの4原則」というものをご存知でしょうか?

 

@小資本で始められる

 

A在庫を持たない(在庫が少ない)

 

B利益率が高い

 

C毎月の定期収入を確保できる

 

以上4つを全て満たせるのがネットビジネスなのです。

 

ネットビジネスでは初期投資が安く(年間1〜2万円程度)、自宅の部屋でPC1台あれば誰でも手軽に始めることができます。

 

PCの使い方がわかれば、それこそ小中学生だって出来ます。

 

また、インターネットを利用するので自分で在庫を確保する必要もありません。

 

このようにローリスクハイリターンで取り組めるネットビジネスはまさに副業としてうってつけです。

 

隠居することも飯を食う道だ。仮に飯を食うことが出来なければ、「隠れ」のようにも隠れきれるものではない。

 

魯迅

 

 

隠居生活で手に入る自由

 

隠居した後の人生では"あるもの"が手に入る

 

ネットビジネスを通じて隠居生活をすれば、あなたにも以下の自由が手にはいります。

 

・毎日自分の好きな趣味に取り組む日々を送る

 

・大切な人とのんびり田舎暮らし

 

・好きな時に好きな場所に出かけてみる

 

・世界中を旅しながら過ごしてみる

 

毎日悠々と自分の好きなことに没頭できる、理想的な人生がそこにはあります。

 

ネットビジネスが軌道に乗るまでは多少時間がかかりますが、軌道に乗れば働かずともネットで安定収入が入ってきますから、会社で働くことからオサラバすることが可能なわけです。

 

こうなればお金の不安からも解放され、あなたの自由な人生を邪魔するものはもう何もなくなります。

 

住む場所にも縛られず済むので、お金の不安を一切せず好きな土地や海外にも移住できるようになります。

 

他にも世界中を旅してみたり、カフェを開いてみたり、ビジネスをさらに発展させてもっと大金を稼いだり…。

 

勿論、自分の趣味に毎日どっぷりハマってみるもよし。

 

一日中、日向ぼっこをしてボーっとするもよし。

 

だからもう好きなように人生のデザインをすればいいんですよ。

 

あなたを邪魔する存在はもう何もないんですから、もっと自分に素直になっていいんです。

 

会社で40年以上働く、というレールを外れた先には、キラキラ輝く美しい時間と世界が待っています。

 

 

自由な人生を歩むことに躊躇しなくていい

 

今まで歩いてきたレールを外れるのは、大変勇気がいることだと思います。

 

実際僕も、副業を始めることすら最初は戸惑ったものです。

 

ですが改めて考えてみてくださいよ?

 

・自分の時間が欲しいのに、周りと合わせて無駄に自分の人生を削る生き方を選ぶ。

 

・自分の時間を確保して、好きなことに没頭したり、好きな人といる時間を増やす生き方を選ぶ。

 

どちらがあなたにとって幸せな人生でしょうか?

 

 

別にネットビジネスに取り組む前から、自分にはできない、PC操作がわからないなど才能を気にする必要は全くありません。

 

取り組むうえで重要なのは、「自分の人生をよりよくしたい!」という思いだけです。

 

自由な生き方をしたい!と思ったら、今すぐにでも副業ベースからネットビジネスに取り組むことをぜひオススメします。

 

(その為のガイドブックもこの記事の最後で紹介しています)

 

自由な人生を歩むことに躊躇する必要はどこにもないんですから。

 

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

最後に

 

今回ご紹介したネットビジネスについて詳しく知りたいなら、詳しい方法が以下のページにあります。

 

今なら1万円少々で、副業から月収100万円以上を稼げるようになるプロセスが余すところなく手に入りますよ。

 

フリーランスアフィリエイトプロジェクトのレビューページ

 

よければ併せてご覧ください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

アフィリエイトで自由な人生を送る橋本雅の人生観が面白い!
沖縄在住のアフィリエイター・橋本雅とはどんな人物か?アフィリエイトで1年以内に月収100万円以上を達成し自由な人生を手に入れた彼の人生観や文章術が面白い!おすすめ教材のサイコロジーライティングとフリーランスアフィリエイトプロジェクトも紹介!
会社で働きたくないから隠居生活して自由な人生を送ろう
アフィリエイトで実現したい理想の隠居生活とは?社会不適合者は本当に悪か?本当の幸せって何だろう?アフィリエイト初心者だけでなく、会社に行きたくない・人生を変えたい・世間一般の価値観に疑念を抱いている。そんなあなたにもぜひ読んでほしいページです。
人間関係をリセットしたくなったらアフィリエイトをやればいい
うざい人間関係をリセットしたい!そう思っている方は多いはず。そんな時はアフィリエイトで本業以上に稼いで独立し人間関係を断捨離すればいいと僕は思います。他にも人生を変えたい、人間関係に疲れた・めんどくさい、自分を見失いそうなあなたにオススメのページです。
敷かれたレールが全てでいいの?いい会社に入って働くのが人生の目的?
いい大学を出ていい会社に入る。敷かれたレールに乗って苦悩する人々が多くいます。人生の選択肢は就職以外にもあります。仕事だけが人生の目的になっていませんか?幸せって何だっけ?人生を変えたい!そう考えている方にぜひ読んでほしいページです。
生きる意味や目的がない?無理に作る必要はないから人生楽しもう
あなたは生きる意味や目的を持ってますか?それを見失って毎日が同じことの繰り返しでつまらないと思う人は多いです。ですが生きる意味や目的は無理に作る必要は全くありません!自分の人生は大したことない、やりたいことが見つからないという人にも一度読んでほしいです。
会社の人間関係が馬鹿らしいと感じたらやってみるべき2つの事
あなたは会社や仕事の人間関係が馬鹿らしい、面倒くさいと感じていませんか?人生で自分がやりたくないことをやらされていると思ったら環境を変える、心を休ませるのが最も大切です。そんな時は副業からアフィリエイトで稼いで雇われない生き方で自由と幸せを掴みましょう。
リストラが怖い?不安を回避できる唯一の方法を紹介しよう
将来会社からリストラされるのが怖いですか?そんな不安を回避できる唯一の手段があります。それは副業からネットビジネスで収入を稼いで生活すること。安定した職業などこの世にはありません。食いっぱぐれないスキルを身につけて新しい働き方をしてみませんか?
会社を辞めてアーリーリタイアしたいならアフィリエイトを始めればいい
会社を辞めてアーリーリタイア(セミリタイア)したい方は年代問わずいます。老後が不安、好きなことで仕事したい、社会不適合者だと感じるなど理由は様々。そんな時にオススメなのがアフィリエイト。自分の人生を自由に設計できるので、遊んで暮らすだって可能なんですよ。
アフィリエイトと田舎暮らしが相性抜群であるたった1つの理由
会社を早期引退して地方に田舎暮らししたい方は多いです。田舎暮らしと相性抜群でオススメな仕事にアフィリエイトがあります。アフィリエイトではネットを使って稼いで自由な人生設計ができたり、遊びを仕事にすることも可能です。その理由とは何か?お話ししましょう。
人生ふらふらして生きたいあなたが読むページ
毎日同じでつまらない、もう働きたくないと日々思っている人は多いはず。敷かれたレールの上を歩いたままで何の為に働いているのか?幸せって何だっけ?人生変えたい!という風に自分を見失っている人が多いです。そんな時の人生の選択肢に、ふらふらして生きることをご紹介します。
自分探しの旅に出たいならネットで収入源を作ろう!
自分探しの旅に出たいと思う際にネックなのは時間。そんな時は副業でネットビジネスを始めて収入源を作り独立するのが最速です。自分探しと言うと馬鹿にされる風潮がありますが、自分を信じてあげてください。ネットで稼げばいつでも好きな時に旅に出れる人生を実現できますよ。
人生で自分の時間が欲しい!と思っているあなたへ
人生で自分の時間がもっと欲しい、確保したいと思っている人は休日に時間がない他、毎日が同じでつまらない、自由になりたいと願っています。そんなあなたにお勧めな新しい働き方をご紹介します。もう無理に時間を切り売りしてやりたくないことをやる時代は終わりました。
隠居に年齢は関係ない!誰でも隠居生活で自由に近づける!
隠居するのに年齢は全く関係ありません!20代〜60代のサラリーマンでも隠居したい、他にも地方の田舎でのんびり暮らしたいと思えば、誰でもその自由に近づけます。なぜそう言えるのか?隠居生活するための具体的な方法をご紹介します。
仕事がしょうもないと思うならなぜ辞めようと行動しないの?
会社の仕事がしょうもない、辞めたいと思うならなぜ自分から辞めようと行動しないのか?そもそも世の中には安定した職業はないしリスクはつきものです。ならば失敗を恐れないでほんの少しの辞める勇気を持てれば、仕事から解放されて自由な人生を送ることも出来るんですよ。
人生で大事なのは時間の使い方。自分の人生を後悔しないためには
人生で最も大事なのは時間をどう使うか?これに尽きます。自分の人生の目的がわからないからこそ、迷いや不安があったり、思い通りに行かなかったり、自分らしさを見失うのです。人生を後悔しないためにはどんな生き方をすればよいかこのページでお話しします。
人生を無駄に頑張らない為にあなたが考えるべき3つのこと
日本人は努力と根性が過大評価する傾向があります。自分の人生をより幸せになる為に大事なのが自分の適性を見極めることと無駄に頑張らず合理的に生きること。無駄に頑張りたくない!というあなたにはアフィリエイトで稼ぐことをオススメします。
自由な人生の障害となるものは全て排除しよう
自由になりたい、人生を変えたいと思っている人は多いはずです。ですが会社の仕事など障害となる要素が沢山あります。そんな時はアフィリエイトで雇われない生き方で環境を変えて自由な人生を実現しませんか?自分が本来持っていた人生の目的の達成を助ける強力な手段にもなり得ます。
「流されるままに生きる」ことは「流される人生」とは全く違う
自分の人生が大したことないと感じる、自分を見失うことが多い、流されやすい人は"流される人生"を今までずっと過ごしていたと思います。これからは人生の選択肢に"流されるままに生きる"ことを考えてみましょう。両者は同じようで全く違います。では実現する方法とは?