このページの先頭へ

報連相できないのは病気じゃない。むしろしなくていい!

報連相できないのは病気じゃない。むしろしなくていい!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

報連相できないのは病気じゃない。むしろしなくていい!

 

世の中には2種類の「ホウレンソウ」があります。

 

 

 

1つは野菜のほうれん草。

 

おひたしやごま和えなどでよく使われる定番の食材です。

 

ほうれん草を使った料理は大好きでよく食べたくなりますね。

 

もう1つはビジネス用語の報連相(報告・連絡・相談)

 

こっちの報連相もビジネスにおける定番ですが、はっきりいって無駄だしうざいだけです。

 

一時期僕は、ほうれん草を見るのも嫌になったくらいこのワードに憎しみを抱いてました(笑)。

 

仕事を進めるうえで報連相は必要不可欠といわれていますが、

 

本当にそうなんでしょうか?

 

 

 

有効活用されている場面を見たことがないし、

 

それどころか、報連相ができない自分が何かの病気なのか…?

 

と自分を追い詰める要素になっていると感じます。

 

もしあなたが報連相できないことに悩んでいるとしたら、この記事を読み進めれば、

 

クヨクヨ悩む必要なんてなかったんだと理解を改めることができると思います。

 

今回の記事では報連相できないのは病気じゃないし、むしろそんなことはしなくていい!

 

ということを僕の考えを交えて書いていきます。

 

 

ここが無駄だよ報連相

 

まず報連相が無駄かつうざい要素でしかない理由をあぶり出してみます。

 

早速行ってみましょう。

 

 

報連相自体が仕事になってタイムロス

 

仕事を進めるうえで報連相が必要とはいうものの、

 

仕事の進捗状況を毎日具体的な内容まで報告させるといった過剰な報連相は、ただ負担が増えるだけで時間の無駄です。

 

部下の仕事の進捗状況を確認したいなら上司の方から聞けばいいし、

 

第一、自分の仕事をいちいち説明するのってとんでもない無駄だと感じませんか?

 

 

 

僕が経験した例では、毎日わざわざ仕事の進捗状況を日報に書かされただけでなく、上司に口頭で説明させられていました。

 

進捗状況を報告するなら、口頭で「○○の件は今××まで進んでいます」程度の報告で十分じゃないですか。

 

しかも日報を作っても上司に納得されなかったら、「日報作り直してもう1回説明しろ!」という始末。

 

バカバカしすぎてやってられません。

 

いい加減日本の会社は、報連相自体が貴重な仕事の時間を削っていることを理解すべきなんです。

 

 

報連相の過剰な強要

 

あとは上司から報連相を強要させられるのがとにかくキツかった。

 

毎日日報を作成して上司に説明しなければ仕事が終わらないわけです。

 

その上司は部内の全体ミーティングでも報連相の徹底をしつこく言ってました。

 

もともと人と話すことや怒られることが苦手なのでなおさら辛かったですね。

 

報連相をしなけりゃ「なんで報告しなかったんだ!」と怒られ、

 

したらしたで「今忙しいことくらいわかんないのか!?」と怒られる…。

 

強要する意味がわかりません。

 

 

 

だったら最初からやるべき仕事を指示したほうが早いし効率的じゃないですか。

 

報連相の過剰な強要は、ただ無駄な時間と心のダメージを部下に与えるのみです。

 

 

結局成果は何も産み出せていない

 

結局のところ報連相するうえで最大のデメリットは何か?

 

それは「成果を出すことには何の役にも立たない」ことです。

 

 

 

報連相を無理やりさせたとしても、

 

それはあくまで成果を出すこととは別の報告でしかありません。

 

成果を出すプロセスの内にも入らないことを徹底させる意味はどこにもありませんよね?

 

そもそも会社が従業員を使う目的は利益をあげるためのはず。

 

過剰な報連相などという無駄な行為をしているようでは、

 

日本の会社の生産性が低いのは当然ですよね。

 

こんな生産性もくそもない過剰な報連相をしたところで利益は1円たりとも生まれないんですから。

 

 

報連相できないからといって仕事ができないわけじゃない

 

 

もしあなたが報連相ができないからといって、

 

自分は報連相もできないから仕事でもいい結果が出せないのかな、

 

と思っていたらその考えは即効で捨ててください。

 

仕事の成果を出すこととは全く別問題だし、無意味に自分を追い詰める必要はありません。

 

 

 

ましてや報連相できなくても決して病気ではありませんし、自分を過小評価しなくても大丈夫です。

 

自分を卑下するのが心にも体にも一番よくないですから。

 

問題は過剰な報連相をしている職場環境の方にあります。

 

もしかするとあなたの今の仕事の悩みは、過剰な報連相にあるのかもしれません。

 

今の環境に相当悩んでいて限界が近いと思っているなら、環境の変え時でしょう。

 

いつまでも自分に合わない場所に居続けたら、いずれ本当の病気になってしまいますから…。

 

たかが報連相一つできないぐらいで、自分自身の評価を決めてはいけません。

 

あなたが輝ける環境はきっとほかの場所にあるんですよ。

 

 

 

会社の仕事に疑問を持っているあなたに、独立して自由な人生を実現できる方法を紹介しています。

 

以下のページに詳細が書かれています。

 

フリーランスアフィリエイトプロジェクトのレビューページ

 

よければ併せてご覧ください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

会社の仕事なんて断捨離していい!だって無駄しかないから
無駄な人間関係や深夜まで平気で行われる残業、ダラダラと長い会議…無駄ばかりで何のために働くかわからない人は多いと思います。もしあなたが会社の仕事がだるい、面倒くさいと思うなら労働を断捨離しても問題ありません!だって無駄なことしかないんですから。
仕事が辛くて泣きたいと感じたら、もう潮時ですよって話
仕事が辛くて泣きたい、辞めたい、涙が出るほど苦しいなら、その仕事はもう潮時かもしれません。そういう時は何のために働くのか等と思い詰める前に、心を休ませるのが大切です。会社に行きたくないなら素直に逃げましょう。そう考える理由を僕の記憶を交えてお話しします。
経験者が語る!1年のニート生活で必要な生活費や貯金
1年間のニート生活(無職)で必要な貯金や生活費はいくら!?年間と月当たりの出費を紹介します。特に気になる税金や保険関連も(国民年金、国民健康保険、住民税)紹介します。また、ニートの一人暮らしでの注意点や心得も併せて書いていきます。

トップページ プロフィール 推奨教材 カテゴリ一覧 お問い合わせ