このページの先頭へ

ツァイガルニク効果を利用した読ませるブログ記事の書き方

ツァイガルニク効果を利用した読ませるブログ記事の書き方

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ツァイガルニク効果を利用した読ませるブログ記事の書き方

 

ツァイガルニク効果とは、人間はまだ達成していないことの方を、達成できたことよりも強く覚えているという心理現象を指します。

 

別称ではザイガニック効果、ザイガルニック効果ともいいます。

 

身近な例としては、

 

@テストで良い点をとった達成感より、赤点を取ってしまったショックの方が大きい

 

A異性に告白してOKだった時より、振られた時の方が記憶に残っている

 

Bドラマの次回の展開が放送前から気になって仕方ない

 

といった事例がありますね。

 

他にも世の中の様々な事象に当てはめることが可能です。

 

 

1番目のテストの例をもう少し詳しく見てみましょう。

 

テストで赤点を取った時にショックだった思いは、いい点をとった達成感よりもはるかに強い影響を及ぼします。

 

2番目の例でいうなら、振られてショックだった思いの方が成功した時よりも強い印象が残るものです。

 

この場合、テストで赤点を取ってしまった、言い換えれば「テストでいい点を獲得する」ということが未達成のままで終わっています。

 

未達成に終わった出来事が強く自分の記憶に残る現象、これがツァイガルニク効果です。

 

逆に、テストでいい成績を取れた時は案外記憶に残らないと感じた経験ってありませんか?

 

人間、失敗した時の記憶の方が良くも悪くも鮮烈に残るように出来ているんですよね。

 

 

このツァイガルニク効果は、ブログ記事の反応率を効果的に高める為にも利用することができます。

 

実はブログの反応をよくするには、ただ文章スキルを高めればいいわけではありません。

 

ではこれから、ブログの反応率を高める為のツァイガルニク効果の利用方法についてご紹介しましょう。

 

 

読者の興味・関心を引くのが1番大事

 

ブログ記事の反応をよくする為にキーになるのが、記事タイトルと文章冒頭の2つです。

 

この2つをツァイガルニク効果でより魅力的に仕立てることが重要になります。

 

以下、それぞれについて解説していきます。

 

 

記事タイトルでひきつける工夫を!

 

ブログの反応率を高めるには、まず記事タイトルで引き付けることが最も大切です。

 

記事タイトルでまず読者の目を引いてアクセスしてもらい、記事を読み進めてもらうのが第一段階です。

 

そしてさらに、文章本体も読者の興味・関心を維持し続けるように書いていくことがポイントになります。

 

ただ自分の感情任せに書きなぐってもダメなんですよね。

 

読者の興味・関心をひく記事を書くためには、読者の心理の流れを理解する必要があります。

 

それが以下です。

 

@興味・関心 → A信用・共感 → B行動(商品を買ったりコメントしたり)

 

この内、@興味・関心で読者の心を掴めないと、記事が最後まで読まれなかったり直帰されることになります。

 

 

わかり易いようにタイトルの実例を使って解説していきましょう。

 

タイトル例:ブログにアクセスが集まらないのは○○を間違えているから!?

 

このように、記事で伝えたい大事な要素を○○で敢えてふせることで、その答えを知りたい!という感情を刺激することができます。

 

読者の心の中には、○○の答えは文章中にある!という期待が起きるので読まれる確率を上げることができるのです。

 

そして記事の本文中で○○の正体を読者に提示すればいいんです。

 

最初から答えが提示されているより、答えはいったい何だろう?

 

と疑問を持たせた方が印象に残りやすい。

 

まさにツァイガルニク効果を利用した事例ですね。

 

日常生活の中では、テレビCMでよく使われています。

 

例えば「続きはWEBで!」というフレーズのように、CM内容の続きが気になるように視聴者の心理をうまく操作しているんですね。

 

テレビCMと同じように、

 

ブログ記事でも最初のタイトル部分で意図的に読者の興味を引くこと、そしてタイトルの内容が気になるように仕掛けることが鍵になります。

 

つまり、あなたのブログ記事を読むために立ち止まらせる状況を作るのが大切なんですね。

 

 

本文中ではタイトルの内容をさらに強調する

 

続いて記事本文では、

 

・タイトルの内容(答え)を強調

 

・読者を途中で飽きさせないように

 

することが大切です。

 

先程の例「ブログにアクセスが集まらないのは○○を間違えているから!?」というタイトル記事の場合では、本文中で○○の部分をさらに強調します。

 

ただし記事の冒頭で○○の正体を明かすよりも、その前段階として、

 

「私はその○○を熟知してますよ」

 

「記事を読み進めればきっとわかりますよ」

 

こんな風にアピールするとより効果的です。

 

その後に満を持して○○の答えを詳細に解説していくわけです。

 

このように読者に答えを伝えるまで飽きさせないように文章を組み立てることで、あなたが最も伝えたいことを確実に伝えられますし、より長い時間記事を読んでもらうことに繋がります。

 

長く読んでもらえるということは、ページ巡回数と巡回時間が向上するので、検索エンジンからのSEO評価も上がります。

 

 

お話しした内容を要約しますと、

 

・記事で本当に伝えたいことをしっかり伝えられる

 

・強力なSEO対策ができる

 

ツァイガルニク効果を利用してタイトルと文章を組み立てることは、あなたのブログの質を圧倒的に向上させることに繋がるのです。

 

ぜひ活用されてみてください。

 

 

最後に

 

ツァイガルニク効果を利用すれば、うまく読者の興味を引く文章を書けるようになります。

 

今回例に挙げたブログのアクセス以外にも、日々の雑記記事やダイエットのノウハウ等様々な場面で応用できる優れものです。

 

アフィリエイトやマーケティングでも必須となるコピーライティング技術の1つとして身につけて損はありません。

 

ツァイガルニク効果は、単純ながら効果的かつ手軽に取り入れられるスキルなので、ブログ記事を書く際にはぜひ取り入れてみてください。

 

 

今回紹介したツァイガルニク効果以外にも、

 

アフィリエイトやマーケティングで月100万円以上稼ぐ為に必要なコピーライティングスキルが以下の教材で学べます。

 

サイコロジーライティングのレビューページ

 

教材の詳細を上のリンクから見れますので、よければご覧ください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

コピーライティング初心者でもわかりやすいオススメ教材
情報発信の一種であるブログメルマガアフィリエイト。具体的なDRMで稼ぐ仕組みや流れ、コピーライティングが書いている初心者でもわかりやすく稼げる。そんなオススメの教材であるサイコロジーライティングのレビューをご紹介します。
ブログ記事を書く前には3つのターゲットを設定する!最適な方法とは
アフィリエイトに限らずブログの記事には3種類のターゲットが存在します。書き始める前にターゲットを絞らないと、コピーライティングを駆使しても共感が得られず、結果的に稼げません。その記事は誰に向けて書くのか?最適な設定方法をお話しします。
文章作成への苦手意識が消えた5つの魔法とは!?
文章を書くことに悩みを抱える人は多いです。読みやすい文が書けないなど様々あると思います。でもそれはセンスの問題ではなくライティング技術、認知特性が原因です。今回は、僕が文章への苦手意識を克服するために使った5つの魔法とは何か?ご紹介しましょう。

トップページ プロフィール 推奨教材 カテゴリ一覧 お問い合わせ