このページの先頭へ

ブログ記事を書く前には3つのターゲットを設定する!最適な方法とは

ブログ記事を書く前には3つのターゲットを設定する!最適な方法とは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ブログ記事を書く前には3つのターゲットを設定する!最適な方法とは

 

あなたはブログを記事を書く前に、しっかりとターゲットを設定していますか?

 

記事を書き始める前に重要なことは、

 

その記事は誰に向けたメッセージなのか?

 

これをしっかり決めておくことです。

 

闇雲に記事を量産し続けるだけでは、共感が得られず自分のブログのファンになってくれる可能性が低くなります。

 

つまりターゲット設定が出来ていないと、ブログでの集客が出来ずいつまで経っても稼げないということです。

 

今回はブログ記事を誰に向けて書けばいいかわからない!という方向けに、記事を書く際の3つのターゲットとその最適な設定方法についてお話ししましょう。

 

 

ブログ記事のターゲットは3種類ある

 

よくブログ記事を書くときはターゲットを絞れ!と言われますが、具体的に言及された記述は少ないように思います。

 

そのターゲットと絞り方についてこれから解説します。

 

僕が意識しているターゲットは3種類です。

 

誰に向けて書けばいいのか?を3種類に絞った考え方、といってもいいかもしれません。

 

主なターゲット3種類とは以下です。

 

@初心者、未経験者

 

A経験者

 

B擬似体験欲求層

 

各々の詳細を見ていきましょう。

 

 

@初心者、未経験者

 

記事で取り上げた分野に対して初心者だったりあるいは完全に未経験な人たちです。

 

そういう人達から反応をとる為には、キャッチーなタイトルでまず興味・関心を抱いて引き込むことが重要です。

 

「オススメしたい副業○選」といった風に、数字をうまくタイトルに盛り込めればなお効果的です。

 

記事の内容についてもなるべく簡易的な文章を心がけ、専門用語にも補足を追加しておきます。

 

メリット・デメリットについても書いておくと、さらに分かりやすさが増して、この記事は参考になった!と喜ばれやすくなりますよ。

 

 

A経験者

 

@とは異なり、記事で取り上げた分野にある程度精通している経験者もターゲット対象に入ります。

 

Aの人達は、ただ事実を並べた文章を書いただけでは納得してくれません。

 

ですから自分の主張に対しては、明確な根拠を示す必要があります。1つの主張に対して、いくつもの理由と根拠を説明することで、はじめて経験者の支持を集めることができるわけです。

 

具体的な数値データがあると説得力が高まるので心強いですよ。

 

 

B疑似体験欲求層

 

こういった層の方たちは、まだ自分が体験していない出来事を疑似的に体験することを望んでいます。

 

例えば、海外の行ったことのない場所をグーグルアースで眺めてみるとかですね。

 

疑似体験欲求層から反応取るためには、自分がその体験をシェアすることが必要です。

 

ネット上にも、海外に住んでいる人が現地の情報発信をしているブログがたくさんあり高い人気を誇っています。他にも世界中を旅しながらアフィリエイトで稼いでいる方はたくさんいます。

 

仮に現地に行ったことがない人が妄想で語っても、全く人気はでるとは思えませんよね?

 

一般人でも手っ取り早く体験をシェアする方法は、旅行記や有名アーティストのライブ感想等が挙げられます。

 

自分が体験した出来事を情報発信してみるのも考えてみてください。

 

 

この3つのターゲット全てを巻き込めるのが最も理想的ですがそれは難しいので、最初の内は3つの内どれかにターゲットを絞って文章を綴っていきましょう。

 

 

一番に言いたいことを最初に決めておく

 

ブログ記事を書く前には3つのターゲットを設定する!最適な方法とは

 

以上の3つのターゲットを踏まえたうえで記事を書いていくわけですが、文の書き出しがわからなくて手が進まないという方がとても多いです。

 

僕も最初は書き出しに苦労して作業が全然進みませんでした。

 

ネット上ではブログ初心者への、

 

「最初はとにかく書け!」

 

といった根性論染みたアドバイスが目につきます。

 

最初の内はひたすら量をこなして経験値を上げるという意見には、確かに同意します。

 

ですが「とにかく書け!」と言われても、何を書けばいいかわからないじゃないですか。

 

仮に仕事で大型機械を扱うことになったとして、「とにかく手を動かせ」なんて言われたら、頭が混乱して何もできませんよね。

 

 

そんな時に効果的なオススメの方法があります。

 

それは一番伝えたい主張を予め決めておくのです。

 

書きながら決めるのではなく、最初の内にゴールを決めておきます。

 

例えばこの記事なら「記事を書く際のターゲット設定」が最も伝えたい主張になります。

 

伝えたいことさえ決まってしまえば、自ずと自分が伝えたいターゲットも定まってくるはずです。あとはそのゴールを目指すように文章を綴っていくだけですね。

 

ですから、記事を書く前には「一番に伝えたい主張」と「ターゲット」を考えてみてください。

 

 

文章を書き始める際に意識したい流れ

 

実際に文章を書いていく際に意識したいのが、

 

興味・関心→信用・共感→行動

 

の流れです。

 

この流れを抑えていないと、自分の主張に説得力を持たせることができません。

 

 

まずは記事の冒頭で自分の伝えたい対象とテーマを伝えて「興味・関心」を抱かせます。

 

次にその理由や根拠をあげて自分の主張に「信用・共感」を持たせます。

 

そして最後に読者に「行動」させる文章を書きます。

 

例えば内容が自己啓発的なものだったら、読者に今日から新しい自分になってみませんか?的な〆の文章を書いて行動を促します。

 

アフィリエイトでは「信用・共感」を元に、商品リンクを貼って購入を促します。事前に自分に対して読者に「信用・共感」を得ることができれば、商品の成約率を高めることが可能です。

 

単に主張を押し付けるだけではダメで、自分に信用・共感を持ってもらったうえで、自発的に行動させるよう背中を押してやるイメージを持ってください。

 

商品を販売する際は、行動以前の「興味・関心」と「信用・共感」のステップは必須事項なので覚えておきましょう。

 

 

まとめ

 

今回はブログ記事を書く前に設定すべき3つのターゲットとその設定方法、そして意識しておきたい文章の流れについてお話ししました。

 

まとめますと、

 

・記事を書く前にまず自分の主張を決める

 

・主張が決まったら、自ずとターゲット対象が定まる

 

・興味・関心→信用・共感→行動の文章を意識する

 

この3つはブログや文章を稼いで自由になる為にもぜひ押さえておきたいスキルです。

 

皆さんもぜひご活用ください!

 

 

気づいたら、商品が売れていた。

 

ブログや文章で月100万円以上稼ぐためのコピーライティングスキルが以下の教材で学べます。

 

サイコロジーライティングのレビューページ

 

教材の詳細を上のリンクから見れますので、よければご覧ください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

コピーライティング初心者でもわかりやすいオススメ教材
情報発信の一種であるブログメルマガアフィリエイト。具体的なDRMで稼ぐ仕組みや流れ、コピーライティングが書いている初心者でもわかりやすく稼げる。そんなオススメの教材であるサイコロジーライティングのレビューをご紹介します。
ツァイガルニク効果を利用した読ませるブログ記事の書き方
ツァイガルニク効果とはまだ未達成のことを、達成済のことよりも強く覚えている心理現象です。ブログ記事でより反応を取る為に、この効果を利用すれば興味を引ける文章が作れます。アフィリエイトやマーケティングに必須のコピーライティング技術として覚えておきましょう。
文章作成への苦手意識が消えた5つの魔法とは!?
文章を書くことに悩みを抱える人は多いです。読みやすい文が書けないなど様々あると思います。でもそれはセンスの問題ではなくライティング技術、認知特性が原因です。今回は、僕が文章への苦手意識を克服するために使った5つの魔法とは何か?ご紹介しましょう。

トップページ プロフィール 推奨教材 カテゴリ一覧 お問い合わせ