このページの先頭へ

SIRIUS(シリウス)で400エラーが出る原因と対処法

SIRIUS(シリウス)で400エラーが出る原因と対処法

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

SIRIUS(シリウス)でブログ記事を作成してサーバーアップロードが上手く行っても記事が表示されないことがあります。

 

その一つに、下のような「Bad Request」と画面に表示されるパターンがあります。

 

SIRIUS(シリウス)で400エラーが出る原因と対処法

俗に言う400エラーの一種で、サーバーアップロードは問題なく行われますが、サイト確認するとこのエラーメッセージが出て記事を表示させることができません。

 

使用しているブラウザを再度読み込みしたり、別のブラウザに変更しても同じ現象が発生します。

 

今回の記事では、シリウスで「Bad Request」が発生した際の原因と対処法について見ていきましょう。

 

 

400エラー Bad Requestの発生原因と対処法

 

簡単に言うと400エラーとは、
「今現在使っているブラウザで処理できない要求がある」

 

といった内容であり、言い換えれば、
「使っているブラウザで処理できないページに転送された」

 

という現象が発生しているのです。

 

その為、サイトそのものに異常があるわけではなく焦る必要は全くありません。

 

 

では具体的な発生原因は一体何なのか?

 

先ほど示した画像をもう一度見てみましょう。

 

SIRIUS(シリウス)で400エラーが出る原因と対処法

記事URLにご注目ください(少し見づらいかもしれませんが)。

 

⇒takufreedom.com/affiliate/kasegeru5%_riyu.html

 

この内、どうも%がURL中に含まれていると「Bad Request」が表示されるようです。

 

上記のアドレスで実際に記事を作成しアップロードした結果、「Bad Request」となり記事が表示されませんでした。

 

恐らくURL中に%が含まれると、不正なアドレスとして処理され自動的にリダイレクトされてしまうと考えられます。

 

対処法としては簡単で、

 

@記事の詳細設定→ファイル名(URL)から%を削除して保存

 

A再度サイト生成→サーバーアップロード

 

Bアップロード後にサイト確認

 

これで「Bad Request」は解決できるはずです。

 

 

「Bad Request」の原因として他にもよくあるのが、cookieですね。

 

cookieとはブラウザに一時的に保存される情報のことを指します。

 

先ほど400エラーでは、
「今現在使っているブラウザで処理できない要求がある」

 

とお話ししました。

 

短時間でcookie情報がたくさん書き換えられる、つまりブラウザで処理できない回数の情報更新があると400エラー発生の原因となるのです。

 

例えば、ブログ記事を短時間にたくさん修正・アップロードした場合等に起きたりします。

 

これを対処するにはブラウザに貯まったcookieを削除すればいいわけです。

 

Chromeでの対処法をご紹介します。

 

@画面右上の縦型・・・のアイコンを開き設定をクリック

 

A詳細設定の表示→コンテンツの設定をクリック

 

Bcookie→すべてのcookieとデータをクリック

 

Cすべて削除でcookieデータを削除

 

cookieデータ削除後は、ログインしていたサイトは全てログアウトされるので、新たにやり直す必要があります。

 

 

400エラーの一種「Bad Request」が発生した際は、もう一度記事URL&Cookieを見直してみましょう。

 

 

当サイトではクリック1つで簡単にサイトを作れるシリウスもご紹介しています。

 

推奨教材

 

よければ併せてご覧になってください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

アフィリエイトブログに設置すべきコンテンツ4選
アフィリエイトブログやサイトに設置すべきコンテンツとして、キャッシュポイントやメールフォーム、グローバルメニューがあります。それぞれどのような形で設置すればよいか?当記事ではアフィリエイト初心者の方がやるべきサイトの作り方について説明します。

トップページ プロフィール 推奨教材 カテゴリ一覧 お問い合わせ