このページの先頭へ

アフィリエイトブログで書くべき記事の種類3選

アフィリエイトブログで書くべき記事の種類3選

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

アフィリエイトブログの記事を書く際は、3種類の記事を使い分けて書くと効果的です。

 

たくさん記事を書いてるのに中々成果が出ない人は、しっかりと記事を書き分けできていない可能性があります。

 

ではその、使い分けていく3種類の記事とは何か?

 

 

そのカギはダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)という、アフィリエイトで使われるセールス手法にあります。

 

DRMは集客・教育・販売(セールス)の3つの流れで商品を販売するマーケティング手法です。

 

セールスしていくまでの流れは以下の通り。

 

集客(読者の集客)→教育(購買意欲を高める)→販売(報酬ゲット!)

 

まず@アフィリエイトブログで集客し、A集客した読者の購買意欲を高める。B購買意欲を高めた読者にセールスを行う。

 

これがDRMで商品を販売する流れとなります。

 

つまりアフィリエイトブログを運営するなら、集客・教育・販売用の3種類の記事を書き分ける必要があるのです。

 

記事作成の際は、「この記事は集客・教育・販売のどれを意図するのか?」をしっかり考えるのが大切で、単に自分の書きたいことを殴り書きするだけではうまく反応が取れません。

 

自分の意見を主張して書いていくのも勿論重要ですが、まずは誰に何を伝えるか?ターゲットを明確に設定しましょう。

 

では具体的にはどんな記事を書いていけばいいのか?

 

今回はそれをテーマに話を進めていきます。

 

ブログのネタがない、書けない、反応が少ないという方にも参考になれば幸いです。

 

 

@集客用記事

 

集客用記事はいうまでもなく、検索エンジンやSNSを経由して自分のブログにきた読者用の記事です。

 

集客用記事は、

 

・アフィリエイトやツールの使い方等のノウハウ系記事

 

・自分の思いや考えについての記事

 

この両方が当てはまりますね。

 

 

商品を販売するといっても、自分のブログに来てくれる読者がいないと販売しようがありませんので、まず検索やSNS経由で読者を集めなければいけません。

 

例えば飲食店を新しく開く場合、まずはチラシ配りやネットで宣伝してお客さんを呼び込みますよね?

 

アフィリエイトに当てはめれば、飲食店→ブログ、チラシ配り・宣伝→ブログ記事です。

 

そして自分のブログに読者を呼ぶには、読者をうまく引き付けるブログ記事が必要です。

 

読者の目を引くキャッチーなタイトル、そして質の高い本文で記事を作成し上位表示を狙いましょう。

 

要するに、自分のブログ記事をクリックしてもらえる確率を増やす作業ということです。

 

読者をうまく引き付けるタイトルの付け方・記事の書き方は、以下の記事もご参考ください。

 

 

 

A教育用記事

 

教育用記事は、自分のブログの読者になってくれたファンの方向けに伝える記事です。

 

・自分の思いや考えについての記事

 

が当てはまります。

 

自分の思いや考えを自分の言葉で読者にどんどん伝え、自分に共感を持ってもらいましょう。

 

あるいは「自分はこういうことがしたい!」という願望や姿を、自分の思った通りに書いていきます。

 

自分自身についてをテーマに出来ますから、ブログのネタがない・書けないということも減りますね。

 

 

一番大切なのは思いを自分の言葉で伝えることです。

 

現代ではアフィリエイトに関するノウハウ系記事は出尽くした感があり、それをメインに主張して既存のブログと差別化することは極めて難しいと思います。

 

アフィリエイト新規参入者が差別化できるポイントは、何を隠そう自分自身なんですよ。

 

例えば、自分の人生で経験してきた成功だけでなく、失敗談や学校でいじめられた体験なんかも、自分の言葉で伝えれば共感してくれる人は必ずいるはずです。

 

むしろ成功ばかり書くよりも、自分の失敗や黒歴史的なエピソードを打ち明ける方が、

 

「成功してる人でも昔はこんな苦労してたんだ…私も頑張らなきゃ!」

 

という風に共感を呼び込みやすくなる効果があります。

 

僕の場合はサラリーマンをやってて辛いとか死にたい…と感じた過去のことを公開しています。

 

 

では、アフィリエイトに関する記事は全く書かなくていいの?

 

 

と聞かれると答えは×で、自分の思いだけ書いていると、

 

「この人はノウハウは教えられないのか」、「自分の理想しか語ってない」など、理想論者という印象を持たれかねません。

 

思いを伝える記事と並行して、アフィリエイトやライティングのノウハウ系記事も投稿していきましょう。

 

 

B販売(セールス)用記事

 

集客・教育を経て購買意欲を高めた読者に向けて、実際に商品を販売する目的の記事です。

 

セールス用記事としては、

 

・メルマガのランディングページ

 

・推奨教材などの商品案内ページ

 

・セールスレター

 

などが当てはまります。

 

 

購買意欲を高めたとは、読者に自分の思いや価値観に共感してもらい、読者との信頼関係が結ばれている状態を指します。

 

読者(顧客)は信頼してる人からしか商品を買いません。

 

例えば、同じ値段で似たような性能の掃除機なら、無名のものよりダイソンの製品が欲しくなりませんか?

 

その意味で、アフィリエイトにおける信頼もブランドと似ており、

 

「この人が紹介する商品なら大丈夫でしょ」

 

という安心感を持ってもらう必要があるんですね。

 

だからこそアフィリエイトブログを運営する側は、自分の思いや考えを発信し読者と共有して、読者に信頼されることが大切なのです。

 

もう一度お話ししますが、無名の個人が既存のものと差別化できる要素は「自分自身」なんですから。

 

 

話を戻しますと、

 

セールス用記事は頻繁に投稿するのではなく、ここぞという時に読ませるようにします。

 

なぜなら、商品の無理やりな売り付けは分野問わず嫌われるからです。

 

「また売り込みかよ」

 

と一旦思われてしまうと、これまでの信頼関係が水の泡になりかねません。

 

ですから普段は集客・教育用記事をたくさん投稿し、自分がセールスをかける時期だと判断したら、思い切ってアフィリリンクを載せた記事を読者の方にご案内しましょう。

 

 

セールス用記事の中身も、できるだけ押し売り臭さを感じさせないように心がけます。

 

例えば、アフィリリンクを何十個も貼られているページを見たら、明らかに買わせたい感満載だと取られますよね?

 

そうではなく、読者に商品の魅力やメリットや手に入る未来を見せてあげて、さりげなくスマートに背中を押してやることで、商品リンクへと誘導しましょう。

 

 

ジャパネットたかたの商品紹介を見ていると、改めてそう実感しますね。

 

彼らは以下の流れで商品を紹介・販売し、莫大な利益を得ています。

 

@視聴者が日頃から抱えている悩みを代弁

 

Aそれを解決できるのがこちらの商品!

 

Bその商品を買うことのメリットを説明

 

Cこの時期限定でお得に購入できることを強調

 

D注文用の電話番号を紹介

 

決して押し売りっぽさを感じさせず、あくまで商品を買いたい視聴者の背中を押して商品を買わせているのがわかると思います。

 

ジャパネットに限らず通信販売では、上記のようなセールスの流れに沿って多数の商品が成約に至っているのです。

 

 

最後に

 

今回の記事では、アフィリエイトブログで書いていく記事を使い分けるときは、

 

集客・教育・販売(セールス)

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)に関連した意図を盛り込むことについてお話ししました。

 

ブログ記事のネタがない、うまく書けない、あるいは記事をたくさん書いてるのに反応が薄いという場合、

 

その記事は誰にどんな目的で書くのか?

 

という下地を意識して記事作成に取り組んでみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

アフィリエイトブログでDRMを使って稼ぐ仕組みは、以下の教材でさらに詳しく学べます。

 

フリーランスアフィリエイトプロジェクトのレビューページ

 

教材についての詳細をお伝えしているので、よければご覧ください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ブログメルマガアフィリエイト初心者でもわかりやすいオススメ教材
情報発信の一種であるブログメルマガアフィリエイト。具体的なDRMで稼ぐ仕組みや流れ、コピーライティングが書いている初心者でもわかりやすく稼げる。そんなオススメの教材であるフリーランスアフィリエイトプロジェクトのレビューをご紹介します。
ブログメルマガアフィリエイト初心者でも失敗しないやり方やコツを図解!
情報発信の一種であるブログメルマガアフィリエイト。集客・教育・販売から成るダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)という仕組みでブログとメルマガを使って稼ぎます。では初心者や後発組でも失敗しないで稼げるやり方やコツとは?成功する方法を図解します。
メルマガアフィリエイトでは見込み客の量ではなく質を高める!その方法は?
ブログメルマガアフィリエイトでは集客・教育・販売から成るダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)と呼ばれる仕組みで商品を売ります。メルマガでは見込み客の量ではなく質を高める、つまりターゲットを絞らないと成約率が低く全く稼ぐげません。その理由は?
アフィリエイトで長く稼ぎたい人必見!リピーターの構築法
情報発信ビジネスの一種であるブログメルマガアフィリエイト。集客・教育・販売から成るダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)と呼ばれる仕組みでメルマガを使って稼ぎます。長く安定して稼ぐには新規顧客だけでなく、リピーターを増やすことが必須です。
【アフィリエイト】物販と情報商材で向いている人が違う!?
アフィリエイトは大きく分けて物販と情報商材の2種類があります。実はこの2つに向いている人はそれぞれ異なることをご存知でしたか?初心者がネットで効率よく稼ぐためにも、この2つのメリット・デメリットを比較して性質を理解し、どちらが最適か考える必要があります。

トップページ プロフィール 推奨教材 カテゴリ一覧 お問い合わせ