このページの先頭へ

【アフィリエイト】物販と情報商材で向いている人が違う!?

【アフィリエイト】物販と情報商材で向いている人が違う!?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

「色んなアフィリエイトがあるけどどうすりゃいいんだろう?」

 

「何のアフィリエイトをすればいいかわからない…」

 

このページにたどり着いたあなたも、こんなお悩みを抱えているかと思います。

 

 

 

アフィリエイトは大きく分けて物販と情報商材の2種類があります。

 

詳細は後で解説しますが、

 

実は物販と情報商材で向いている人はそれぞれ違うことをご存知でしたか?

 

ネットで効率よく稼ぐためには、

 

物販と情報商材それぞれのメリット・デメリットを比較して、

 

自分はどちらで稼ぐのがいいのか?

 

これを理解する必要があります。

 

今回は物販と情報商材それぞれに向いている人・向いていない人についてまとめてみたいと思います。

 

 

物販と情報商材って何?

 

物販アフィリエイト

 

まず物販アフィリエイトとは、自分のブログに広告を貼って商品を紹介し報酬を得るアフィリエイトです。

 

広義的にはサイトアフィリエイトのことを指しています。

 

最も有名なのがグーグルアドセンスです。

 

グーグルアドセンスの仕組みを簡単に示すと、

 

@自分のブログに広告を貼る

 

Aブログに訪問した読者さんが広告をクリック

 

B報酬成立

 

という風に仕組みが簡単なため、参入障壁がより低いアフィリエイトです。

 

広告を踏むだけで報酬が発生するので手軽ですが、その分報酬単価は低く設定されています。

 

他にも楽天・アマゾンアフィリエイトがありますが、

 

広告をクリックして商品を買ってもらうという点を除けば、基本的にアドセンスと同様の仕組みです。

 

 

情報商材アフィリエイト

 

一方、情報商材アフィリエイトとは、自分のブログで情報商材を紹介・販売するものです。

 

ここでいう情報商材とは、主に電子書籍を指します。

 

情報商材を販売するまでの仕組み作りには多少手間を要しますが、

 

報酬単価の高さと利益率の高さから、大きな収入が期待できるアフィリエイトです。

 

 

メリット・デメリット

 

物販と情報商材、それぞれのメリット・デメリットを整理しておきましょう。

 

物販

 

(メリット)

 

・広告を貼るだけでいいので仕組みがシンプル

 

・広告クリック→報酬発生なので稼ぎやすい

 

・複数枚広告を貼ることができる

 

・自分で商品を作る必要がない

 

・上記の理由から、アフィリエイター自身の信頼度はそこまで問われない

 

・高度な文章力は必要ない

 

 

(デメリット)

 

・報酬単価が低い

 

・上記の理由から、毎日大量にブログを更新する必要がある

 

・収入の自動化が難しい

 

・事前審査の突破が面倒(アドセンスの場合)

 

・突然広告が停止されるリスクがある

 

手軽に稼げるのが物販系の大きな魅力です。

 

ただ報酬単価が低いので大きく稼ぐ目的には向いていません。

 

また、毎日大量にコンテンツを更新しなければならないので、収入の自動化が厳しいです。

 

 

情報商材

 

(メリット)

 

・ほとんどの教材に販売者からのサポートが付いている

 

・具体的なノウハウが書かれている

 

・さまざまな特典が付いている

 

・報酬単価が高い(1本1万円以上も!)

 

・電子書籍なので在庫や店舗が不要

 

・同じ理由で仕入れの必要性、腐敗などが皆無

 

・収入の自動化に最も適した商品

 

・自分が過去に培った知識・経験を商材として換金できる

 

・ジャンルの縛りがなく、どんな内容でも売り方次第で売れる

 

 

(デメリット)

 

・基本的に高額

 

・怪しい(購入するまで中身を確認できない)

 

・上記の理由から、成約率が低い

 

・コンテンツ作成まで手間がかかる

 

・作成には知識と経験、ある程度の文章力が要求される

 

情報商材は販売までの仕組み作りに手間がかかるので、物販系よりは参入障壁が高いです。

 

しかしそれを補って有り余る報酬単価の高さがウリです。

 

他人の商材を紹介しても、1本あたり1万円以上の報酬も当たり前に狙えます。

 

 

物販と情報商材 それぞれに向いている人は?

 

 

まず物販系は、

 

・手軽に実績を積み上げたい人

 

・文章を量産することが嫌いでない人

 

に向いていると思います。

 

アドセンスや楽天アフィリエイトは、商品の広告を貼って紹介すればいいだけなので、稼ぐという意味では最も手軽です。

 

全くの初心者でも稼ぎやすいのは物販系ですね。

 

ただコンテンツを量産する必要がある為、作業量がいつまで経っても減ることがありません。

 

 

 

一方情報商材は、

 

・大きな金額を稼ぎたい人

 

・収入を自動化して自由を手に入れたい人

 

向きのビジネスモデルかと思います。

 

自分オリジナルの情報商材を作って販売するため、稼げるまでのプロセスが長いです。

 

ただし収入を自動化して自由な人生を送りたいと考えているなら、

 

情報商材アフィリエイトに取り組むのが一番です。

 

 

物販系で実績作り→情報商材系で収入自動化

 

 

というのは、アフィリエイトで大きく稼ぐ場合の王道パターンといえます。

 

とはいえ、情報商材では必ずしも実績は必要なく、

 

自分の興味ある分野や経験を活かせば、初心者からでも売れる商品を作ることは可能です。

 

 

 

結局のところ、

 

アフィリエイトで稼いで自分はどうしたいか?

 

お金の為というのはもちろんあると思いますが、

 

それ以外の目的も含めて、どちらのアフィリエイトに取り組んでいくか考えてみるといいでしょう。

 

 

 

情報商材で月収100万円以上を稼ぐプロセスは以下のページで手に入ります。

 

フリーランスアフィリエイトプロジェクトのレビューページ

 

よければ併せてご覧ください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ブログメルマガアフィリエイト初心者でもわかりやすいオススメ教材
情報発信の一種であるブログメルマガアフィリエイト。具体的なDRMで稼ぐ仕組みや流れ、コピーライティングが書いている初心者でもわかりやすく稼げる。そんなオススメの教材であるフリーランスアフィリエイトプロジェクトのレビューをご紹介します。
ブログメルマガアフィリエイト初心者でも失敗しないやり方やコツを図解!
情報発信の一種であるブログメルマガアフィリエイト。集客・教育・販売から成るダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)という仕組みでブログとメルマガを使って稼ぎます。では初心者や後発組でも失敗しないで稼げるやり方やコツとは?成功する方法を図解します。
メルマガアフィリエイトでは見込み客の量ではなく質を高める!その方法は?
ブログメルマガアフィリエイトでは集客・教育・販売から成るダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)と呼ばれる仕組みで商品を売ります。メルマガでは見込み客の量ではなく質を高める、つまりターゲットを絞らないと成約率が低く全く稼ぐげません。その理由は?
アフィリエイトブログで書くべき記事の種類3選
アフィリエイトブログの記事は集客・教育・販売(セールス)から成るダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)に沿った記事の種類を意識しましょう。ブログのネタがない、書けない、反応が少ないという時はぜひ読んで欲しいページです。
アフィリエイトで長く稼ぎたい人必見!リピーターの構築法
情報発信ビジネスの一種であるブログメルマガアフィリエイト。集客・教育・販売から成るダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)と呼ばれる仕組みでメルマガを使って稼ぎます。長く安定して稼ぐには新規顧客だけでなく、リピーターを増やすことが必須です。

トップページ プロフィール 推奨教材 カテゴリ一覧 お問い合わせ