このページの先頭へ

ブログのディスクリプションの書き方やキーワード数の目安

ブログのディスクリプションの書き方やキーワード数の目安

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ブログのディスクリプションの書き方やキーワード数の目安

 

ブログ記事にアクセスを集めるには、記事のタイトルにほぼ全てが掛かっています。

 

なぜならブログ記事のアクセスの多くが、検索エンジンから流れてくるからです。

 

俗にいう検索集客がブログアクセスの大部分を占めています。

 

タイトルで拾いきれないキーワードは、記事の要約文であるディスクリプションの中に盛り込んで補填していきます。

 

この2つで効果的なキーワードを盛り込むことが出来れば、検索結果で上位表示されやすくなり幅広い層の読者を集めることが可能です。

 

つまり効果的なSEO対策(検索エンジン最適化)の一つにもなるわけですね。

 

今回はSEO対策に外せないディスクリプションの書き方、キーワード数についてお話していきましょう。

 

 

なぜ上位表示が大事?

 

検索集客でブログにアクセスを集める為には、記事のタイトルとディスクリプションがほぼ全てだとお話ししました。

 

ブログ記事はタイトル&ディスクリプションにどれだけ需要あるキーワードを盛り込めるかで、検索結果の順位が決まります。

 

需要あるキーワードを上手く盛り込めれば、検索エンジンの検索結果で上位表示できる可能性が高くなります。

 

 

では上位表示させることがなぜそんなに大事なんでしょうか?

 

その根拠となる具体的なデータをご説明します。

 

検索順位の違いによるクリック率の違いを表した図がこちらです。

 

ブログのディスクリプションの書き方やキーワード数の目安

(出典:https://ferret-plus.com/1733)

 

順位 クリック率

1位 19.35%

2位 15.09%

3位 11.45%

4位  8.68%

5位  7.21%

6位  5.85%

7位  4.63%

8位  3.93%

9位  3.35%

10位 2.82%

(出典:https://ferret-plus.com/1733)

 

 

検索順位1〜10位ではクリック率に約7倍もの開きがあります。

 

つまり自分のブログに読者が訪れてくれる可能性が、最大約7倍も違ってくるのです。

 

世の中にSEO対策についてのノウハウや商材があふれ出ている理由がなんとなくわかりますよね。

 

勿論、記事ネタやキーワードによってバラつきはありますが、全体の平均値として参考にしてください。

 

ともかく検索エンジンで上位表示させることの重要性が理解頂けたかと思います。

 

 

ディスクリプションの書き方

 

それではディスクリプションの書き方について解説していきましょう。

 

まず記事タイトルとディスクリプションの最適な文字数は以下の通りです。

 

 

 

タイトル・・・・・・・・32文字

 

ディスクリプション・・・127文字

 

 

 

この文字数を超えると検索結果に全ての文字が表示されないのでご注意ください。

 

全て表示されないということは、記事の魅力や重要なキーワードが伝えられない恐れがあるので文字数制限を意識しておきましょう。

 

 

記事タイトルとディスクリプションの実際の例を見ていきます。

 

 

 

タイトル例:【アフィリエイトマインドセット】長く安定して稼ぐ為に必要な考え方(32文字)

 

ディスクリプション例:アフィリエイトで長く安定して稼ぐ為に必要なマインドセットをご存知ですか?ネットビジネスを続ける思考法や考える力を身につければ、初心者が成功できる確率も高まります。挫折しそうな時・作業のやる気が出ない時にもぜひどうぞ。(108文字)

 

 

 

この記事タイトルに盛り込んだキーワードは、

 

・アフィリエイト,マインドセット,安定,稼ぐ,考え方

 

以上5つ。

 

上記キーワードからさらにターゲットを広げる為、ディスクリプションでキーワードを盛り込みます。

 

・アフィリエイト,マインドセット,安定,稼ぐ,考え方,ネットビジネス,思考法,考える力,初心者,成功,挫折,作業,やる気

 

新たに8つが加わり計13個のキーワードを挿入できました。

 

これでより幅広い層からの集客が可能となりました。

 

 

「ディスクリプションをどう書いたらいいかわからない!」

 

始めの内はこう感じる人も少なくないでしょう。

 

このページをご覧になっているあなたもそうかもしれません。

 

その場合、まだ本文も書き進めていない段階ですから、先にある程度本文を書いてからディスクリプションに取り組んでみるのも手です。

 

本文からディスクリプションに使えそうなキーワードを抽出して文章を組み立ててみましょう。

 

勿論、サジェストキーワードで検索数が多いキーワードを調査するなど、検索需要がありそうなキーワードを盛り込むよう意識してください。

 

また、狙いたいキーワードが月にどの程度検索されているのか調べたい場合はキーワードプランナーを使うのがおすすめです。

 

 

目安のキーワード数

 

目安としたいキーワード数は、タイトルには3〜5個・ディスクリプションには10個以上盛り込みたいところです。

 

ディスクリプション中にタイトルと同じキーワードを使うのは3個以内にするといいでしょう。

 

あくまで目安なので、検索テーマによってはより少ないキーワード数で上位表示できるあるいはその逆パターンもあります。

 

 

記事本文にもタイトルやディスクリプションで散りばめたキーワードを含めましょう。

 

本文からもキーワードが拾われ検索結果に影響するからです。

 

文字数は1記事につき最低1000文字以上は書きましょう。

 

ある程度の質を確保した記事だと検索エンジンに評価を受ける為以外にも、できるだけ多くのキーワードを拾わせて上位表示を狙う為です。

 

 

 

当サイトでは他にも効果的なアクセスアップのノウハウをご紹介しています。

 

推奨教材

 

よければ併せてご覧になってください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

関連ページ

人気ブログランキングを使った集客方法のコツやメリットまとめ
アフィリエイトブログの集客方法として人気ブログランキングの活用をオススメします。ブログランキングではアクセスアップや被リンク獲得、実績として使えることなど多くのメリットが見込めます。オススメのサービス一覧や活用方法のコツについてもどうぞ。
読者が劇的に増えるツイッターでのアフィリエイト集客方法や投稿内容
アフィリエイトで稼いで結果を出すには集客(アクセスアップ)が重要です。まずは読者を集めたくさんのファンを構築することが最優先です。その方法の一つがツイッターの利用ですね。反応率が良い最適な投稿内容や頻度、フォロー数、オススメツールなどをまとめました。
グーグル検索で上位表示されないサイトが軽視しがちな2つの基準
Googleをはじめとする検索エンジンで上位表示する為に基準となる2つの数字をご存知でしょうか?SEOパワーの弱いサイトが軽視しがちな数字でもあります。安定したアフィリエイトブログの運営に必要な正しいSEO対策についても併せてお教えします。
知らなきゃ損!ブログ記事の流し読み対処法4選
ブログ記事の流し読み対策は非常に重要です。ユーザーに文章を最後まで読んで貰えることでコンテンツの評価が上昇し、アクセスアップやSEO対策になるからです。当記事ではユーザーに最後まで読ませる、読みやすい記事の書き方のコツや工夫、テクニックをご紹介します。

トップページ プロフィール 推奨教材 カテゴリ一覧 お問い合わせ