スポンサーリンク
考え方

労働耐性も落ちてるし、自分で稼ぐ手段をもっと身につけたいね

最近思うのが、自分の力で稼ぐ手段をもっと身につけたいなということですね。 稼ぐ手段ってか、お小遣い稼ぎをもう少しレベルアップしたいぐらいの感覚ですが。 なぜこんなことを書くのかって、言うまでもなく雇われ労働をしたくないからです(笑) 以前書...
日記

節約は煮詰まってきたと思っても、アイデアがどんどん出てくるもの

支出の削減や節約に関しては煮詰まってきた感が出てきた…と思っても新しいアイデアがどんどん出てくるものだと個人的に思ってます。 以前、自分が最低いくらあれば健康で文化的な生活を過ごせるのか調べたのですが、その時よりも伸びしろといいますか、新た...
その他

雨の日は冗談抜きで一歩も外に出たくない

今年も梅雨入りしましたね。 平年より2週間ほど遅かったみたいですが、またこのどんよりとした季節がやってきました。 僕は雨という天気が大嫌いで、理由を挙げてみると、 →湿気が嫌い、道路に変な虫の死骸がでる、眼鏡が水滴で汚れる、傘というクソも役...
スポンサーリンク
日記

労働再開から約1週間が経っての所感

以前書いた通り、失業保険の受給期間が今月で切れたので1週間ほど前から労働を再開した。 1日8時間・週5日のフルタイム労働です。 感想を表すなら「やっぱ、労働ってクソだわ」としか言いようがない(笑) これだけで終わってはアレなのでもう少し書く...
読書感想

“40歳からは自由に生きる”の読書感想。セミリタイアの考えとも合致する?

だいぶ前に読んだ本ですが、"40歳からは自由に生きる"という本が面白かったので紹介します。 著者の池田清彦氏はホンマでっかTVのコメンテーターとしてもお馴染みの方ですね。 本書の内容をいくつか引用しながら感想を書いていきます。 p32 社会...
生き方

働く理由って”生きるために井戸へ水を汲みに行く”ことと同じでは?

ふと思ったんですが、働く理由って「生きるために井戸へ水を汲みに行く」ことと何が違うんでしょうか。 今でもそういう国や地域があるのかは知りませんけど、生きるために長い距離を歩いて水を汲みに行って生活している人々がいるわけです。 人間は水を1滴...
日記

自分の過去のツイートを遡ってみる遊びが面白い

最近まで自分のX(twitter)の過去のツイートを遡って見てみる遊びにハマっていた。 今はツイートでなくポストって言ったほうがいいのか? まぁいいや。 過去のツイートを確認するやり方だが、 from:ユーザー(@の後に書いてるやつ) si...
読書感想

”「やりがいのある仕事」という幻想”を読んだ感想

最近読んだ「やりがいのある仕事という幻想」という本が良い本だったので紹介します。 タイトルが気になったので読んでみたら、仕事への向き合い方について色々気づきがあって面白かったです。 いくつか引用しながら感想を書いていきます。 p50 無理に...
日記

労働再開が近くなってから気分が晴れない

なんか最近ずーっと気分が晴れないんですよね。 原因はハッキリしていて、労働再開が近づいているから。 (円安なだけだが)資産も増えてるし働く気力が起きないというか、お金が増えてるから働く理由もないというか。 …といいつつ次の仕事の求人に申し込...
日記

大人になっても結局、小さい頃の生活と大差ないな

絶賛無職満喫中ですが、なんか小学生の時と同じような生活してるな~とふと感じてます。 友人と飲みに行ったり、電車を乗り継いで知らない街を訪ねてみたり、新たに増えた楽しみもありますが、自分1人だと子供の頃の過ごし方と大差ないと思いますね。 学校...
スポンサーリンク